« 今、この時を生きなさい! | トップページ | 猫になる »

『猫たちの冬』読了

タイトルに猫という文字があり、また表紙に魅せられ、買っておいた本を読む。
アビーと同じ猫種であるラグドールが人間の味方になって活躍していた。
といっても、さすがにネコらしい距離感と佇まいで、人間は振り回されていたような…。
それでも、めでたし、めでたし。猫がいれば大丈夫 by 広瀬猫美

|

« 今、この時を生きなさい! | トップページ | 猫になる »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『猫たちの冬』読了:

« 今、この時を生きなさい! | トップページ | 猫になる »