« 言の葉を観る:高校野球(WW28) | トップページ | 言の葉を観る:夕食(WW34) »

言の葉を観る:炭酸(WW33)

Ww

 いちばん個人的、特異的なものである。これは本質的に、自分は独自のものだという感覚を反映しているらしく、謎めいた、もしくはそれ以外には理解のしようがないような、きわめて私的な意味をもっていることが多い。また、その人の「本質」を非常に効果的に捉えていることもあり、個人的モットーとでもいうべきものと考えてよいかもしれない。
 個人の私的なあり方と公的なあり方が一つになったもの、あるいは内的人格と外的人格が一つになったものをあらわしている。
 アイデンティティの問題や個人的な危機がある場合は、…不確かさ、不安感、苦難、緊張をあらわすことが多い。
 『ウォッチワード・テクニックの世界』マイケル・ダニエルス

【炭酸】の自己解釈
 炭酸が現在(2009年)において象徴していることと言えば、まさにアイデンティティの問題や個人的な危機である。すぐにはじけて消えてしまう炭酸ガス、すぐに水と二酸化炭素に分かれてしまう炭酸。公的にはじけ、私的にもはじけそうな感じだ。確かに心臓が縮む思いをしているけれど、これを契機に新陳代謝やエネルギー代謝を活発させることを示唆されているのかもしれない。頭に血が上ったのを下げ、血流を促進し、こころとからだに溜まった凝りや疲労を取ることが求められているのだろう。
 生きとし生けるものすべてに欠かせない水に、人間・動物・機械が不要なものとして吐き出す二酸化炭素が溶け合ってできているという炭酸は僕にとってはなんとも象徴的に映る。理想とし、憧れる水のなかに、不要で妨げとなる二酸化炭素のような何かが溶け込んで僕ができているというふうに捉えることもできる。ならば、その二酸化炭素を取り除けば、僕は理想に近づけるということにもなる。
 そうか!よし! 勝手な自己解釈も元気の素になるようだ。

炭酸の不安定性 cf.Wikipedia
 水が1分子でも存在すると炭酸はすぐに二酸化炭素と水に戻ってしまうが、水を含まない純粋な炭酸は気体状態で安定であることが示されており、その半減期はおよそ18万年であると見積もられている。

炭酸の効果 cf.炭酸博士
・心臓への負担が少なくなる
・新陳代謝が活発になる
・エネルギー代謝を上げ、ダイエットや美肌に
・胃腸を整え便秘を緩和
・利尿効果があがる
・血流を促進して血圧を下げる
・血液をアルカリ性にしてアンチエイジング
・炭酸泉浴は肩こり・疲労回復にも

|

« 言の葉を観る:高校野球(WW28) | トップページ | 言の葉を観る:夕食(WW34) »

『んなか』日々暮らし随書言想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17790/45940953

この記事へのトラックバック一覧です: 言の葉を観る:炭酸(WW33):

« 言の葉を観る:高校野球(WW28) | トップページ | 言の葉を観る:夕食(WW34) »