« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

これからも一歩ずつ歩んでいく

 とても残念な話を綴らなければなりません。アビーが左後ろ脚の膝を痛め、びっこを引いて歩いて暮らしていくことになりました。そのことに気づいたのは昨夜19時30分頃。アビーが座イスで横になっているそばで、僕は夕食をとっていました。人が食事をしているのを見ると、自分も食べたくなる傾向にあるアビーはおもむろに起き上がり、自分の食卓について、カリカリと音を立て始めました。そこまでの動きは僕の死角となっていたので、わからなかったのですが、小腹が満たされたアビーはリビングの広いスペースに姿を見せました。その時の歩く姿がびっこを引いていたの驚きました。慌てて近づき、脚の様子を見ました。爪が割れているようにも見えました。骨折したのかどうかまではわかりません。他の部位より熱を帯びているように感じられました。とにかく触れられるのを痛がりました。妻に緊急事態の一報を速報し、日がかわって今日、病院に連れて行くことを決めていました。
 病院について、触診していただくと「骨は折れていないです。念のため、レントゲンを撮りましょう。中がどうなっているか確認するためにも」とのこと。待つことしばし、先生に呼ばれました。「実はだいぶ前から痛めていたようです。ここに黒い影があるのがわかると思います。ここに本来あるべき半月板が離断してしまっていて、膝を曲げる格好になる時、じん帯に当たり、痛みが生じているんです」と説明されました。「これまでの暮らしの中で、高い所からの飛び降りの中で、痛めてしまったものだと思います。ラグドールは体重が増えていくタイプの猫で、体重との兼ね合いで、脚への負担もかかっていたのだと思います」。その後も先生は説明を続けようとしているのですが、言葉を選んでいるかのように口を濁していました。僕が察するに、手の打ちようはない、ということだと思いました。先生が重い口を開き、「今日、できることは痛みが強くて、朝食を半分残したということであれば、鎮痛剤を処方することくらいです。ただ、猫のための鎮痛剤ってあまり良いものがないんです。飲むタイプのものはステロイド系で、かなり強いものになってしまいます。危険も伴います。それよりは非ステロイド系の注射を打ちましょう。」ということになり、様子を見ることになりました。「今後は体重管理と運動制限ということになると思います。現在体重4.6キロ…これ以上体重を減らすというのもかわいそうだけれど…」そう告げられました。もう元気に走り回るアビーを見ることができなくなりました。今まで元気に暮らしてきていたので残念です。アビーは元気過ぎたのです、お転婆過ぎたのです。その時々を落ち着きを取り戻すようにセーブしてあげる必要があったのだと反省しています。今は、そしてこれからもしっかりと、温かく見守っていくしかないと思います。幸い、食欲もトイレもきちんとしているので、ホッとしています。元気さ余って、痛さ100倍のアビーにエールを送ります。
022_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

火の心、泉の心、風の心

 僕は、火の心、泉の心、風の心をもって精進していくことが求められているようです。

 いつでも、どこでも全力で生きることが必ずしもできているとは言いがたい僕には的を射る“心”です。僕はまだ大切な一事を見つけることができていないということなのでしょう。あえて挙げるなら、自分が大事、ただ、それだけでいいのかと自問が浮かんできます。火の心を育むには、与えられた命を全うする心をつくる必要があるようです。健康であることをあまり気にも留めることもなく過ごしている僕はその反面、生命力に溢れているとは言えないと常々思っています。いつ命が尽きようと構わないということでなく、すぐにでも命が果ててしまっては困るということでなく、生命を賭す何たるかが見いだせていないのでしょう。自分にとって大切なのは何なのかを問うことが求められているようです。

 泉からの湧水は多くの過程を経て、清水となって、多くの命とつながっています。そうした泉は智慧と相通じるところがあると書かれています。僕は智慧をもって暮らしていると自信をもっているかは言いがたいと思います。せめて“知恵”を出そうとするまでに、泉の清水になる過程ほど多くの時間が必要であることは間違いありません。それほどまでによく考えているのかというとそれもまた違うのですが、何はともあれ、じっくり臨みたい性分なのです。井戸を掘るように、大切な何かを探し求めて、心の奥底を見つめることが求められているようです。そのためにも、どのような状況においても、心の声や呼びかけを聞き逃さないように耳を澄まし、感じ取る力を常に抱いていることが大切のようです。

 風がもたらすもの、それはその時までそこにはなかった新しいものを、風は運んできます。風は時に、そこにあった今までのものを壊し、なくし、新たなものを置いていきます。風は変化を、動きをもたらします。淀んだものを生き返らせるという清々しいイメージをももち合わせています。大切な何かがわからず、さまよっているかのような僕は、風が目指しているところを知り、突き進んでいく姿というよりも、目指すところを知らず、流されている姿のようです。やがて千の風になる日が来る前に一陣の風となって、目指すところへと吹き進んでいきたいものです。まずは大切な何かを見つけるために、余計なものを一つ一つ吹き落とし、大切な何かを見い出した暁にはまっすぐに、ひたむきに吹き渡っていきたいと思います。
   高橋佳子『12の菩提心』:(携帯)http://jsindan.net

 あなたの心は何を求めていますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫じゃらしのような本に飛びついた

Neko_shain_2
 ふと目に入った次の瞬間手が出ていたのが『ネコ型社員の時代』という本。これは僕にとってはまさにネコじゃらしのようなものでした。社員をネコ型という視点から見てみるというのが実に面白い。帯にあるWhat's Michael?の会社篇はおかしくて笑えます。同じくネコ型社員度チェック10項目もいかにもネコの素養を示していておかしい。ネコ好きな僕がネコ型社員と言えるかどうかははっきり言えませんが、その傾向はあるように感じました。ネコ型社員とは、
1.滅私奉公より、自分を大切にする
2.アクセクするのは嫌だが、やる時はやる
3.自分のできることは徹底的に腕を磨く
4.隙あらば遊ぶつもりで暮らしている
5.大目標よりも毎日の幸せを大切にする
という特徴が挙げられるとのこと。皆さんは、特に猫好きの方、いかがでしょうか? クスッと微笑んで、(そうかも!)とうなづいていらっしゃるかもしれません。僕も気の合う年長のスタッフに「この会社は嫌いだけど、仕事は好き」と言ったら、「そりゃ、そうだ」と現体制に異を唱える表明されました。とにもかくにも、仕事でも普段の暮らしでも自分が一番大切だというのはまず揺るがないでしょう。マイペースでやっていけるということもその一つとしてあるなか、上長は突然、思いつきでものを言ってきて、結論、決断、決定を急がせ、それに基づく行動を起こすようにせっついてきます。僕は普段と違う環境や状況になるとなじむまでに時間がかかるし、物事はじっくり考えてから行動を起こすか、そのまま行動を起こさないでいるようなところがあります。考えるのも、決めるのも、行動するのも、今の仕事や社会の環境の中ではスピードが求められているのかもしれませんが、どうもそれについていけないし、ついていく気がしません。ただ、自分が興味を持ったことや納得がいったことについては脱兎の、いや脱猫のごとく、突っ走りますよ、僕は。それって自分が楽しいから、面白いから。腕を磨くという域には達していませんが、アビーのように全速力で駆け廻ります、そうした時は。夢は?と聞かれて戸惑い、大きな目標はもちろん、小さな目標を掲げて、手帳に書き留めて、達成に向けて、行動を起こすということもなく、手帳ですら1ヶ月も経たないうちに放り出してしまう口なのです。1年前にヨガと出合ってからはますます日々の心の安らぎを感じていられることが僕にとって自然であり、安心であり、求めていることだと実感しています。ネコ型社員としてしっかり仕事をしているとは認められてはいないかもしれないけれど、陽だまりを求める歩みを止めないネコのような僕をどうか温かい目で見ていただきたいと思う次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モノ好きな僕の“散財の予感”

 熟慮の末、下記の ◎ 印で散財しました。△印は今回、見送りました。

**********************************************

 クレジットカードのポイントでプレゼントがいただける応募期間を月末に控え、次の2点を候補に挙げ、どんなものかと検索していたら、AssistOnというショップに出くわしてしまいました。
touch of ginger "shoehorn"
ペンタゴシステム
 そしたら、このサイトを1日中、見入ってしまうことに。次から次に面白く、欲しくなっていく素敵なものばかりに出会いました。おそらく買うだろうな、というものを含め、目に留まった者をご覧いただきたいと思います。はたして僕はこの中でいくつ手に入れるためにクリックすることになるだろう…。
tea-pot-bottle with strainer
dapipa "botter"\2,730
BUILT NY "20-ounce Tote"\1,260
pecon!
PATENT "BALL POURER"
YMSK "Calendar = 5weeks × 2"
rethink "Lim Wallet"
BagBoy
NAVA "Ark-Line One small"
±0 うわばきバッグ
BUILT NY "DUFFEL"
dapipa "totto"
dapipa "mamma"
Eater-mobile
naef "naef-spiel"\15,540+\8,820
CAO maru
HUMAN BLOCKS\9,450

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »