« 本『闇の公子』読み応えあり | トップページ | 最近のお気に入り »

インド料理レストラン『サールナート』

サールナート
出典:架空百科事典『グルメディア(Gourmedia)』
ウィキペディア(Wikipedia)を参照

 『サールナート』は、千葉県の船橋市にあるインド料理レストラン。京成線・大神宮下駅の北方約200mに位置する。店主がインド各地を回って料理の修業 をしてきた後、船橋市宮本地区に初めて本格的インドカレーをもたらした店とされる。初出店大成功の店。船橋の四大インドカレー名店のひとつ(他の3つの店 については関知するところではない)。遠くからでも行きたくなる、待ってでも食べてみたいと思う人が多くいることから、“行列のできる店”とも噂される。

 というサールナートにランチを食べに行ってきました。3度目のチャレンジにしてようやくありつけた次第です。1度目は行列に恐れをなし、2度目は妻が職場から緊急呼び出しに遭い、行列を離れ、本日3度目は開店間もなかったにもかかわらず、目の前で満席となり、待つこと数十分の果てに席に着くことができました。カレーは2種類選べることから、迷い、妻と同じものを選択。マトンと本日のカレー“茄子とベーコン”。おいしい匂いが立ち込める中、待つこと十数分。メインのカレー2種の脇には、大きなナン、ヨーグルト、お子様ランチサイズのご飯、サラダ2種。とてもおいしそうに焼き上がったナンは、ラーメン店・すみれの器や麺以上に熱い! 迂闊に触ろうものなら、やけどしそうで、その指を思わず耳たぶに当てようものなら、その耳には2度とピアスができなくなりそうな烈しさがあった。味は絶品、あつあつの、もちもちでナンだけでもおいしい! そのナンをカレーに浸して食せば、よりおいしさが増す。普段あまり食べることのないマトンも癖がなく、茄子とベーコンの甘味がカレーの辛味から僕を救ってくれてよかった。途中、口直しにヨーグルトを口にしながら、そのおいしさを満喫した。ナンをちぎりながら、味わって食べていくうちに満腹中枢が飽和していく。食べ応えがあった。折を見て、また並んで食べに行きたい、お勧めのお店だ。

|

« 本『闇の公子』読み応えあり | トップページ | 最近のお気に入り »

『んなか』日々暮らし随書言想」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございました。
救われた感じで、とても嬉しかったです。
本当にうれしー

投稿: damesala | 2008年11月15日 (土) 01時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17790/43060182

この記事へのトラックバック一覧です: インド料理レストラン『サールナート』:

« 本『闇の公子』読み応えあり | トップページ | 最近のお気に入り »