« 我に“還る” | トップページ | COEDOでござる »

夏の予の夢であってほしいこと

悲しい、絶望だ、と声をあげているうちは全く平気だ。本当に絶望したとき人間は声もでなくなるのだから」
                 シェイクスピア

 7月5日、仕事上のつまづきに加え、7日の震度7級の衝撃が重なり、多忙を極めている。悲しくも、絶望していないが、希望の明かりは儚い。

|

« 我に“還る” | トップページ | COEDOでござる »

『んなか』日々暮らし随書言想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17790/41912514

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の予の夢であってほしいこと:

« 我に“還る” | トップページ | COEDOでござる »