« シンクロな想像 | トップページ | 根源的な恐れ »

普段、留守の間には

 今日は休みで、家で過ごしていると、我が家に御用のある方が3人いた。
 本を読んではうとうとしていると、チャイムが鳴った。「郵便局です。書留をお持ちしました」。
 また本を読んではうとうとしていると、またチャイムが鳴った。「生協です」。14:30、いつもより早い時間だ。アビーも一緒に出迎える。玄関を飛び出んばかりの勢いで。
 ネットしていると、電話が鳴った。「トヨタのウィッシュです。こんにちは、あぁ、いらっしゃるとは思わなかった…」と友達のディーラーからのものだった。買い換えのお勧め電話攻勢が昨年から引き続いている。ほんの少し気持ちが揺れ動いているけれど、まず買わないだろう。
 普段、留守にしている間に家に用がある人がどれだけいることだろうと思いをめぐらした。

|

« シンクロな想像 | トップページ | 根源的な恐れ »

『んなか』日々暮らし随書言想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17790/17655749

この記事へのトラックバック一覧です: 普段、留守の間には:

« シンクロな想像 | トップページ | 根源的な恐れ »