« 今日の朝食 | トップページ | 《フィラデルフィア美術館展》 »

ネコロジーなネコタツ

Nekotatsu
 はんてんを着て、炬燵に入り、本を読む。
 炬燵の中にはアビーが眠っている。
 座椅子に腰掛けた僕の太ももと床の間に空いた
 わずかな隙間に入り込んで眠っている。
 炬燵の電源は入れていないけれど、
 アビーの体温が僕の足を暖めてくれる。
 アビーも僕の体温で心地よく眠っている。
 この温もりを逃さないでいる炬燵カバー。
 こうして炬燵の中はぬくぬくホカホカ。
 いつしか眠気が本を読む手と目を鈍らせる。
 そしてアビーと僕は炬燵の内と外とで
 長々と眠りこける。ネコロジーなネコタツ。

Nekotatu03

|

« 今日の朝食 | トップページ | 《フィラデルフィア美術館展》 »

『んなか』日々暮らし随書言想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17790/17442633

この記事へのトラックバック一覧です: ネコロジーなネコタツ:

« 今日の朝食 | トップページ | 《フィラデルフィア美術館展》 »