« 今日、うれしかったこと(07/12/03) | トップページ | ムンクを言う。だがムンクなし! »

捨てる技術は気持ちから

捨てます!
 ベルト:縫い目が擦り切れてぼろくなったから。
 毛糸の手袋:虫食いの穴が広がってきたから。
 下着:白さが感じられないし、よれよれだし。
 フリース:もう着たいとは思わないから。
 赤いジャンパー:ここ数年、着ていないから。
 緑のパンツ:裾が擦り切れてきたから。
 茶のパンツ:裾が擦り切れてきたから。
 グレーのスラックス:裾が擦り切れてきたから。
 98パソコン:あらかたデータも移したし、下取価値もないし。
 あまり聴かないCD:デジタルオーディオを買って移すか、ヴィスタに移すか。
 あまり履いていない靴:いくつあっても履くのはいつも決まっている。

捨てられるかな!?
 怒り
 悩み
 恐れ
 しがらみ

捨てられないもの
 自分
 命
 愛
 これまでの人生
 これからの人生
 家族

捨てないでほしいもの
 子猫

|

« 今日、うれしかったこと(07/12/03) | トップページ | ムンクを言う。だがムンクなし! »

『んなか』日々暮らし随書言想」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
スピリチュアルチェックしてみたら白色だったのですが、結果を読んで、ちょっと格好つけすぎたかな?と苦笑いをしているpixydustです。(^^ヾ 

捨てることは大事ですよねぇ。
私も着なくなった(着られなくなった)洋服を処分したら、随分すっきりすると思いつつ、なかなか決断できずにいるものも多いです。
あと、本は捨てられない性分で、寄附するか古本にでも出さないといけないでしょうね・・。

人生つかむ・離すの連続で、そうして選択し、一つを失い一つを得ていく・・・。
悩みや怒りも、うまく手離せるといいですね。

投稿: pixydust | 2007年12月 4日 (火) 01時45分

こんばんは!
 pixydustさんは白でしたか! あとで見に行ってみよう。僕は迷い迷いながら無難につけていたら、真っ黒黒になってしまいました。思いのほか当たっている気分だったのでうなずいていました。
 あっという間に年の瀬ですよ。普段の掃除も行き届いていないのに、大掃除となるとどうなることやら。でも心の新陳代謝をするためにも物も捨て、いやな気分も捨てなければと思っています。

投稿: Rhyme(らいむ) | 2007年12月 4日 (火) 20時10分

どうも!
わたくしもpixydustさんと同じ白でした。pixydustさんのようにちょっと格好つけすぎてるのではなく、こんなことにもウソをついてる自分を発見しました。ちなみに夫はスカイブルーでした。

らいむさん、私は気がついていました。あなたの孤独を・・結婚生活は山あり谷あり、考えると山なんてほんの少しで谷の中をさまようときがはるかに多いような気がします、と、24年の経験から。人生なんて良い事と悪い事の繰り返し、あー自分は真ん中くらいだなと思ったら、それは上出来、と、81歳の父から。
捨てられないものに「愛」があるらいむさんは、きっと大丈夫♪

投稿: ベルリン | 2007年12月 4日 (火) 21時25分

こんばんは!ベルリンさん。
 何も心の闇をブログで書くこともないのに、書いています。書くことを通して、自らを癒し、励ましているしだいです。
 おそらく僕の低い波長が周りの強く、明るいものも引き寄せて、それらの力を弱めてしまう要素を持っているのだと自覚しています。孤独というものには慣れていますし、好きでもあるのですが、その一方で無性に誰かと、何かと通じ合っていたいという飢えみたいものがあるのでしょう。別にわかってくれなくてもいいんだけど、でもわかる人にはわかっていて欲しい、と。わかってくれている人は限りなく少なく、いたとしてもそれを僕が拒んでしまっているようで苦しい思いもいたします。

投稿: Rhyme(らいむ) | 2007年12月 7日 (金) 22時01分

Rhymeさん

書けるということは良いことですよ。
書いた時点で少しは手離しができているということですし。

いつもいつも心の奥にいる小さな感情を叱咤激励し、理想の子になるように責める大人の自分・・その子がクタクタのぼろぼろになるまで頑張ってきてもなお、大人の自分がもっともっとと責める・・それが両方とも自分自身だとしたら・・。 低い波長は高い波長と調和して美しいハーモニーを作り出し、高い波長や明るい波長だけが、世の中の要素ではなく、低い波長あっての高い波長、夜があってこその昼、闇があっての光の世界。

私も孤独は好きだけど、孤立は辛いのです。
孤立するときは、なぜか誰かを責めていたり、なにより自分を責めてしまう。でも、孤独は、それを知る人だけが本気で人を愛せるのだ、と私は考えています。
原子核のように、全く同じものに融合することは無理。限りなく近づくことは可能だけれど、同一にはなれない。その事実と哀しさを知ることが孤独であり、だから愛があるのだ・・と。・・・・あ??なんか、勝手に指がこんなこと打っておりました。お許しくださいませ・・・。お風邪など召しませんように。

投稿: pixydust | 2007年12月 8日 (土) 18時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17790/17265684

この記事へのトラックバック一覧です: 捨てる技術は気持ちから:

« 今日、うれしかったこと(07/12/03) | トップページ | ムンクを言う。だがムンクなし! »