« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

心理学的倫理学的迷走

自分さえよければいいのか。
あるいは家族や愛する人さえよければ…。

病に苦しむ人に手を差し伸べなくていいのか。
あるいは貧困に苦しむ人に…。

かといってすべての人を救えるはずもない。
私もあなたも完全な人間ではないから。

自分が不完全であることを受け入れ、
不完全であることで私以上に苦しんでいる一部の人を
私が望むように、できるだけのことをして差し上げるだけでよいのかもしれない。

私はここから一歩前に進み出でる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほぼ1129(いい肉球)の日

 日中、妻からメールが来ました。「今日はいいにくきゅうの日」とのこと。語呂合わせですね。それで僕も思い立ちました。(今日はステーキを食べよう)と。車を動かすため、本屋までドライブ。その帰りにステーキ屋さんに寄りました。ランチメニューからではなく、メインメニューからより 1129(いい肉)を選んで、注文しました。欲張って、サラダとスープバーを頼んだら、相当おなかがいっぱいになりました。久々に(食べたぁ~)って感じがしました。豆のサラダがおいしかったな。家では甘い金時豆がマイ・ブームになっていて、豆を食べることが多くなっています。ステーキは250gを頼んだので食べ応えがありました。なんでも熟成させたサーロインということで美味でした。たまに外食するのもいいものです。
 帰ってきてからはアビーの爪切りと肉球周りの無駄毛をカットしてやりました。寝ぼけていたのでおとなしく処置させてくれました。昨日は廊下を滑っていましたが、これで今夜は全力疾走ができるぞ、アビー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絵本3冊

Vel_rabbit_2
 本屋の絵本コーナーに行って、まず目に留まったのが『ビロードのうさぎ』。先日、映画【ミス・ポター】の余韻が残っているかのようにうさぎが目に飛び込んできました。流し読んで充実していたので買い求めました。

Nitiyoubi
 続いて本命『バムとケロのにちようび』。ロフトでケロちゃんのぬいぐるみを買って以来気になる存在。妻がシリーズで絵本が出ていることを教えてくれて、見に行きました。店頭にあった数冊を流し見て、『にちようび』が最高! ケロちゃんが最高にいい味出しています。バムもけなげにがんばっています。バムが猫だったら、このうちはきっととんでもない状況になっていることでしょう。

 最後に目に留まったのが『よるのおるすばん』。黒地に白いふくろうが3匹。目立ちます。表情がいいですね。枝をしっかり捉えている足元も生命力を感じます。目をじっと見ると、お留守番の最中ということもあって、不安や恐れといったものが伝わってきます。
Yorunoorusuban

| | コメント (2) | トラックバック (0)

♪この気、なんの気、気になる気♪

気が利く
 1.細かいところにまで注意が及ぶ。
 2. しゃれている。粋である。

気が回る
 1.細かいところまで注意がゆきとどく。
 2.邪推する。

気に掛ける
  心にとめて考える。心配する。

気に留める
  心にとどめる。留意する。また、忘れないでいる。

気を利かせる
  相手の立場やそのときの状況にふさわしいように心を働かせる。気を利かす。

気を配る 気を遣う
  さまざまに注意を払う。配慮する。

 気が利くと、気が回るとでは、1番目の意味としてはほぼ同じである。でもニュアンスとしては2番目の意味が影響してきそうである。気が利くでは、しゃれている、粋という意味を持つのに対して、気が回るでは邪推するとなってしまう。人に対して、「気が利くねぇ」というと褒めているような印象になるが、「気が回るねぇ」というと含みのある言葉になるようだ。

 心配りや気遣いは同じ意味合いのようだ。

 残るは、留める、掛ける、利かせる。留めるは、そこで留まったままなのに対し、掛けるは、留めてなお考えるという行為が加わっている。ただ考えればいいというわけでもなく、 相手の立場やそのときの状況にふさわしいように心を働かせなければ、せっかくの考えや行動もその力を十分に発揮できないというように考えられる。仕事に限らず、日々の暮らしの中で、人間との関係がそこにある限り、気を利かせた考えや行いをするのが肝要のようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風変わりな加湿

洗濯物の部屋干しを今、終える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心理学的哲学的迷走

僕は怒りを抱いている。
僕は謝罪を求めている。
僕は許しを請うべきか。
僕は許すべきか。

本『人はなぜ謝れないのか
謝罪の話
心から謝る
謝罪力
彼らはなぜ謝らないのか
「いばりんぼさん」について
こころの cafe
金八説教集
素直になれないものです
罪とは何か

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほぼ11月27日(2007年)

 昨日はなんだか暖房に体がついていきませんでした。頭がぼぅっとしてきて、だんだんと調子が悪くなってきました。珍しく風邪を引いてから体調が思わしくありません。退社時刻近くになって、体調の悪さがピークになり、ようやく会社を引けて、家路を急ぎ、ゆっくり休めるかと思いきや、帰りの電車で気分が悪くなりました。早く帰りたい気持ちと気分の悪さとで天秤にかけたら、後者が勝り、途中下車しました。この間風邪の時、気分が悪くなったときは出勤のときだったので、ドア付近に立っていたのをその場にしゃがんで、遅刻しないように我慢して乗っていましたが、今回は時間を気にする必要はなかったので電車を降りました。次の電車が来るまでベンチで座っていたら、少し楽になりました。でも帰宅ラッシュの時間帯で車内の座席は空いておらず、立ったままです。それでも下車する前よりはずいぶん楽になっていました。(これは暖房を媒介にして、体に毒気が回ってるんだな)という解釈の元、先日仕入れた知識:酒風呂に入ることにしました。酒風呂に入ることでいろんな毒気が出て、湯船が白濁してくると本に書いてありました。毒素が出ている証とのこと。自宅最寄り駅に着き、近くのスーパーに立ち寄り、安い酒を買い、家についてすぐ風呂のスイッチを押し、湧き上がるまでソファで眠って過ごしました。あっという間に1時間半、眠っていました。いつ眠りに落ちたかわからないほどでした。起きてからいよいよ酒風呂に入ることに。どのくらい酒を入れるのか立ち読みしたときには覚えてこなかったので、ネットで確認したら、はじめは1升入れるとありました。でももったいない気がしたので、1リットルにしました。その量だと酒の匂いがするだろうと思いましたが、全然匂いません。普通のお湯とさほどかわりがないように思えました。違いに気づいたのはお風呂上りです。湯冷めする時間が延びています。それまで熱めの46度に短い時間入っていたときは、あまり時間が経たないうちに足先が冷えてきていました。酒風呂の場合、時間が経っても足先が冷えてくるのが緩慢だったように感じました。43度といつもより低い温度に酒が入ったお湯に15分と10分の2セット、浸かっていたということもあるのでしょうが、酒風呂は体が温まるというのを実感した気がしました。今後、酒風呂を好んで入ることになりそうです。ちょっと高価な入浴剤ですが、効果が明らかなので納得と満足が得られそうです。これで冷え性が改善されればなお言うことがありません。安い漢方薬の効果は現れずじまい。この酒風呂はどうやら効きそうな気がします。この冬、できるだけ続けてみようと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

気になりますケロ

気になりますケロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知らなかった、忘れられないおいしさの復活

Baileys_2  ベイリーズをこの冬、久しぶりに買って来ました。最近、ホットミルク(電子レンジで2分、チン!)がお気に入りになっていました。それに加えて、ミルクにベイリーズを適量入れて、2分チン! それを飲みながら、書いています。おいしい! お酒なんですけどね、お酒じゃない感じ。まだお飲みになったことのない方、いらっしゃいます? 不思議なおいしさ、この個性に魅せられています。

ベイリーズ公式サイト
ベイリーズ・飲むデザート・レシピ
ベイリーズのある風景

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芸術の秋

シャガール展
ムンク展
フィラデルフィア美術館展~印象派と20世紀の美術
平城遷都1300年記念「国宝 薬師寺展

 映画と並行して、久しぶりに美術館に足を運んでみよう!
 先ほど何気なく見ていた「新日曜美術館」で取り上げられていたムンク展。これまでムンクを気にかけたことはなかったけれど、絵を見ながら、解説を聞きながら、凄みを感じた。ムンクの言葉も多く残っているようで、彼の発するメッセージを受け取ってみたくなった。図書館に今年出た本『ムンク伝』の予約も入れた。僕は新たにムンクと出会うことになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NEAL'S YARD REMEDIES

 映画【ミス・ポター】を観終わってから、アロマの石鹸を買いに伊勢丹に寄りました。アロマテラピー・アソシエイツの薫り高い石鹸を使い終わってしまったので、確か伊勢丹にショップがあったのではないかと思って行ってみましたが、見つけられませんでした。伊勢丹の通販で出ていたので手っきりお店もあるかと思っていたのですが…。諦めて紀伊国屋書店に寄って、帰ろうとしたら、REMEDIESの文字が目に飛び込んできました。店の名前は「NEAL'S YARD REMEDIES」。店内を見ると、アロマやレメディが陳列してありました。(ここならありそう)と入ってみるとそれっぽいのがあったので、買ってきました。カレンデュラソープラベンダー&ティートリーソープ。しっとり仕上がるのと、きれいに仕上がるのと両方。1個1,050円。普通の石鹸なら10個くらい買えそうなお値段。でも洗っているときに立ち上がってくる香りがとても気持ちがいいので、たまには贅沢してもいいでしょう。今回買った物がなくなったら、銀座にもお店があるのでそちらで買い求めることにします。まだ封を開けていないけれど、使うのが楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画【ミス・ポター】

Potter
 上映期間終了間際にぎりぎり間に合った11月21日に映画【ミス・ポター】を観に行ってきました。レニー・ゼルウィガーさんが出演している映画はあまり観ていませんでしたが、今回とても素敵な方だという思いを強くして帰ってきました。なぜこれまであまり目に留まらなかったのだろう。名前が発音しにくく、覚えにくい女優さんの中で、ミラ・ジョヴォヴィッチほどきれい・かっこいいとは言えないし、キャサリン・ゼタ=ジョーンズほどゴージャスじゃないからだろうか。ミス・ポターとしての彼女はとても表情が豊かで、かわいらしく、加えて信念が強い人でした。それは生来のものではあるのでしょうが、湖水地方に旅し、最愛の人の出会いと死を通して、より一層強まっていったような気がします。ピーター・ラビットは知っていても、ポターのことはほとんど知らなかったので、この映画を観たことで少し知ることができました。映画に合わせて本屋でも伝記や絵本を並べてあるのを見るとあらためてじっくり読んでみたくなりました。レニー・ゼルウィガーさんについても違う映画【コールド・マウンテン】や【シカゴ】、【シンデレラマン】なども観てみたいと思います。
P

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二卍:普段は一日を…

普段は一日を、どのように過ごしていますか?
 アビー、インタビューに答える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デビュー! ヌッカー&キューマ

鮮烈のデビュー曲♪KGS♪ そしてしたたかなB面♪DSK

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホスト・カフェ【ウィリアム】

Edelstein
Maidcafeエーデルシュタインにて
「エマ、ここは男性が多く集うカフェだ。君のように、おとなしくて、照れ屋で、綺麗な女性がここで給仕することは僕としてはとても心配だ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『黄泉記』

Yomiki

 いつ訪れるかわからない人生の終焉。黄泉の国に行くのは生まれたときから始まっているカウントダウンダイアリー『黄泉記』の記事です。さまざまな思いで生きる人たちの本音を募集!(随時更新)

 Q1:まだまだ諦めていない夢は何? 

 Q2:今の仕事とやりたい理想の仕事は一致している?  

 Q3:最も印象深い人生のエピソードを教えて! 

 Q4:人生の「絶頂期」はいつだった? どんなだった? 

 Q5:「林住期(50歳から75歳まで)」どう暮らす? 

 Q6:20代でやっておけばよかったことは? 

 Q7:40歳になって手に入れたものと失ったものは何? 

 Q8:自分の最期の時はどのようにありたい? 

 Q9:天に召された後の自分はどうなってる? 

Q10:一言で言うと「黄泉の国」はどんなとこ?

                        参照:三十記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メタボリックな訳

Metabolicdavid_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

良い猫の皆さんは真似しないでください

Flexigrey_eneko

Flexiginger_bneko

「良い猫の皆さんは、大切な家族やお友達にこんな顔をしてはいけませんよ」071013_135901

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NEKO_NALA GET_RAT_HIT

Abbey_nationalgeo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TIME is abbey

Abbey_time

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピンナップガール・アビー

Abbey_playboy

 こちらのサイトから皆さんもどうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫と暮らす人の瞑想

 朝早く、まだ誰も起きていない、静寂と澄んだ空気に満たされる中、瞑想することの良さを知った私はやってみることにした。

良い瞑想:
 猫がいない別の部屋で、深い息とともに心と体と頭から邪気が消えていった。

普通の瞑想:
 猫をゲージに入れて、(出してくれ)と格子に爪を立てる音を聞きながら行った。

悪い瞑想:
 体が硬く、無理して組んだ足先を(早くご飯くれよ)と噛まれて、1分と続かなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイエットも楽じゃない

 「味覚の秋で食べ過ぎて、ちょっと体が重くなってきちゃったわ」といかにもこの秋、ぽっちゃりしてきたかのような口ぶりの彼女だが、私はその豊かな体のラインをここ数年、見続けている。そんな彼女がスポーツジムに通いだした。

良いジム通い:
 毎月、支払うように契約し、身銭を切っていることを自覚しつつ、こつこつと週3回、時間をつくり、月1キロのペースで減量できている。

普通のジム通い:
 年一括払いで契約し、支払いは終わっているという安堵感とともに、週3回が2回、1回と減りつつ、1ヶ月後には行くのをやめている。

悪いジム通い:
 週1回、行くのがやっとだったが、良い結果が出たのを気に満足し、その後はポテトチップを食べながら、セカンドライフ内のジムに通っている。

                  上記の話題は、フィクションであり、登場する状況、団体、組織および、実在の私の妻とは関係がありません。   Rhyme(らいむ)

「でもニャ、にゃんかよく似た人を見かけるニャ。明日からの3連休でジムに行くかRhyme(らいむ)と賭けしよう。あたしは行かないほうに1000点、賭けるわ」   アビー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本『からだの「冷え」がよくとれる-驚くべき気の健康術』

ヒバ湯について 1. 2. 3. 4.
足の指の行法

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コールドケース:pickup song

| | コメント (0) | トラックバック (0)

nnnya luunnya ruunyaa nnyaa

「ねえ、毛づくろいしてよ」
「やだよ」
「今度は君の番だよ」
「ちがうよ」
「君だよ」
「君のほうこそ」
「やって!」
「やーだ!」
「何だよ、その態度」
「知らないよ、そんなこと」
「早くして」
「君もしつこいな」
「ねえ、今日はこいつの番でしょ」
カメラにより、熱い視線を送って、訴える。

「ほら、ちょいとやってくれ」
「わ、わかったよ」
「うーん、気持ちいい」
「いい気なもんだな」
                     通訳:アビー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌『セオリー vol.12』

Theory12
 齢を重ね、不惑の歳を過ぎながらも惑う日々。少し上質を目指してみるか。そう思って、得られるものでもなさそうだけれども…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本『カメのきた道』

Kamemiti
 ♪この道はいつか来た道 ああ そうだよ 甲羅しょいカメが歩むよ♪と口ずさみながら、カメが歩んできた道をその道の人が1冊の本にしました。本屋で見かけて即買いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほぼ・この1週間

 ほぼ1週間前の朝、起きたときに喉が渇ききった感じで痛みを感じ、次第に咳が出始め、喉のいがらっぽさは続き、鼻にも影響が出て、風邪の症状が続いていました。ゴリラ体質の弱点、喉がやられました。幸い、発熱には至りませんでした。勤務も早い時間帯が多く、起きるのがつらく、帰宅して食事をして、睡魔に襲われて、早々と眠るという1週間を過ごしていました。まだ本調子ではありませんが、少し楽になってよかった。あさっての休みが待ち遠しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画【アフターウェディング】

Afterthewedding
 清流は水面(みなも)を荒立てることもなく、海(生み)へと静かに流れていく。やがて川の淡水は海水と出会い、川としての命を終え、多くの生命を生み、育む海と一体化する。その海は生とともにまた死をも見つめる。川の流れと海への連なりはまるで人生のように映る。
 映画の中で執り行われる結婚式の途中、列席者の注意を引き、新婦がスピーチを始める。彼女の言葉と思いは清流に投じられた小石のように水面に波紋を広げていく。生と死を包む海へと迫りつつある男(新婦の父)の愛と命を賭した思惑と行い、そして海が迫りくるという恐れ、戸惑い、悲しみ、憤り。海のように大きな体の男の、大いなる愛の行い。水面を伝う、愛という名の波紋が観る者にも押し寄せる感動のストーリー。
 何度かCMを見ていただけで、どんな話かよくわからないまま観に行ってきました。公式サイトを見て、ストーリーを知ることなく、行ったのはよかったと思っています。新婦のスピーチが起こした波紋にハッとさせられたから。この波紋であとの展開がどうなっていくのかという楽しみが増しました。人生という川に投じられる、生と愛と死の波紋が幾重にも交じり合って、大きな感動の波となって迫ってきます。素敵な映画でした。まだ観る機会がある方は是非!
                       シネカノン有楽町2丁目にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画【カオス】

 映画【カオス】はカオス理論をヒントにしてつくられている。

 カオス理論とは、運動法則上、ある時点での状態が決まれば、その後の状態が原理的にすべて決まるのですが、初期データには必ず誤差があるので、そのわずかな誤差が運動の中で増幅されて、結果として、とても複雑で不規則かつ不安定な振る舞いをし、将来における状態が予測不可能になるというものです。逆にいえば、不規則で複雑に見える現象にも単純な方程式で書き表すことができる可能性があることを示唆しています。

 というような小難しいことがわかっていなくても楽しめる映画です。ストーリーは銀行強盗が起きて、警察が犯人を追いかけるといたって簡単なように思えますが、その裏では複雑で不規則かつ不安定な振る舞いが繰り広げられています。それが映画のラストでわかってきます。映画の途中、その単純な方程式を見つけようと試みますが、なかなか解くことができません。なぜならそれは不確定性原理によるものかもしれません。

 不確定性原理とは、たとえば、犯人と刑事の組み合わせにおいては、その見方にばらつきをもたせずに、両者を特定することができない、というようなことです。これはカオス理論における、初期データの誤差が関係しているのでしょう。あの犯人が根っからの悪者だと思っていたら、実は違っていたとか、あの犯人は頭の回転が速い、切れ者だと思ってみていると、それを仕組んだもっと頭の切れる人がいて、そいつのほうがもっと悪者だったりとかするわけです、この映画では。なのでこの映画は、午前中に心と頭をやわらかくして、観るのがよいでしょう。そうすれば、単純な方程式とその解をあなたは見つけることができるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アサーティの人

Assertivebeing_2
「僕はお風呂に入ろうと、沸かしていたんだ。そして少し眠って待っている間にお風呂が沸いて、君が先に入っていたんだけど、僕が入ろうとしたときに湯船のお湯がかなり少なくなっていて、肩まで浸かることができなくてとても残念だった。君もとても疲れていたんだろうね。それでも次に入るかもしれない人のことを思って、お湯を足しておいてくれると嬉しいな。ありがとう」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画【インベージョン】

Invasion
 僕がインベージョンされたら、3時間後には僕は別の僕になっていることだろう。それがもし仕事の休みの日だったら、1時間後ともっと早い時期であることは想像に難くない。それほど僕には睡眠が大切なもののひとつなのだ。

 もし眠りに落ち、レム睡眠に至ってしまえば、そのウィルスによって感情を消されてしまうという脅威。それが意図するところは、人類に怒り、恨み、妬み、憎しみなどがなくなれば、テロや戦争から犯罪や痴話喧嘩までなくなって、人は平和に暮らせるではないか、というアンチテーゼが投げかけられている。一方、感情がなくなることで殺伐としたニュースを見聞きすることはなくなるであろうけれど、喜びや楽しみ、嬉しいといった気持ちもなくなってしまうことになる。ウィルスで発症し、その正体と及ぼす影響を知りながら、感染者は次々と健常者を襲っていく。彼らはゾンビのように動きがとろくないし、感情を消されているから顔が無表情なこと以外は、外見上は普通の人間と変わらないこともあって、追いかけ、襲い掛かる姿がゾンビより恐ろしい。特に大げさなことは起きないが、全編を通して、不気味で、恐怖を感じさせられる。話題にのぼっていないように思えるのでヒットしているかどうかわからないけれど、なかなかいい味を出している映画だと思う。【アウトブレイク】のようにあっけなく解決を見るが、そこに至るまでの、不気味さと恐ろしさという感情を与えられ続けられることからすれば観て損はない仕上がりだと思う。見終えた今、願わくば、ウィルスによってインベージョンされて感情をなくされるより、アサーションというワクチンによって免疫をつけ、感情を自分のものとして生きていきたいものである。
               2007/11/08 シネマイクスピアリにて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こちら!ロス&ケイン社です

Tl150

 「人間の能力は無限の可能性を秘めています。しかし社会のさまざまな要因によってその能力を阻害されています。私たちはその要因の一つ一つに小首をかしげ、その害の源を取り除き、人の可能性を最大限に引き出し、幸福と平和へと誘います。」

 私どもロス&ケイン社は、この統括理念の元に企業活動として『かっこいい小首の傾げ方』を皆さまにお伝えする使命を担っています。

 ロス&ケイン社は、「全人類の生涯通じての微笑み」と「全人類の安らぎある暮らしへの貢献」をミッションとし、全人類が平和で幸せに満ちた生涯活動に専念できる環境で、個性や能力を発揮することにより、豊かな人生を創出することを目指しています。

 クライアントの皆さまをサポートし、共に成長し、お客さまにはより良いサービスを提供 し続けてまいります。私たちが真摯に深くどこまでも追い求めているのは、私たちが関わるすべての方々への「ありがとう」という感謝の気持ちの、確かな伝達と、皆さまからの「ありがとう」の言葉です。ロス&ケイン社は、より多くの「ありがとう」をいただくために、これからも誠心誠意努力を続けてまいります。今後とも事業活動に邁進してまいります。株主の皆さまには引き続き、ご支援とご鞭撻の程、何卒お願い申し上げます。
                      2007年11月吉日
                           ER:ダグ・ロス
                      CSIマイアミ:ホレイショ・ケイン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大人の落書き

Rakugaki50

 『いのり 聖なる場所』を買う目的で行った丸善・日本橋店でひらめきで買ってきました。画像は50%のほうですが、手に入れたのは『らくがき絵本 25%』です。厚さ3センチ近いもので、中に簡単な絵や線が書かれているだけで、他の大半の余白に自由に落書きができるようになっています。本当は子供向けですし、お子様向けの贈り物としては絶好のものに思います。(でも、これは…大人の俺も楽しめる、絶対!)と感じ、買うことにしました。といいつつ、落書きはしないかもしれません。本来は落書きするための、その余白に描こうとするものを頭の中のキャンバスに描いているだけのほうがより想像的&創造的な気がするから。

Inori

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画【グッド・シェパード】

Thegoodshepherd
 人生の3時間を何度費やせば、大方のことが多少は明るくなるだろうか。長い映画ではあったけれど、そう感じさせない内容だったと思う。スパイ物というよりは諜報活動戦の、ヘビーでシビアなタイトさを描いているという感じ。そこにはリーダーが「辞めた!」と言っては自分の意図を反映させやすくさせようという狙い通りになってから「(みんながそう言うなら)やっぱりやってあげる」という見え透いた軽さはない。また、国か家族か、どっちを守るかというのも、「私と仕事と、どっちが大切なの?」と簡単に迫って、困らせるのと同様に、どっちも大事なのはわかりきっている命題を重々しく描いているといえる。とにかく込み入っている。時代が行ったり来たり、誰がどんな思惑で動いているかというのが静かに重い雰囲気の中、あっちゃこっちゃ飛びながら進んでいくので、話が見えてくるのに時間がかかる。見えてきてもそのすべてがわかったと言える人は少ないように思える。僕もあと2回ほどは人生の貴重な3時間を費やさないと整理できないかもしれない。観に行こうと思っている方は午前中の1回目の上映で観ることをお勧めします。頭がスッキリしているうちに、話のつぎはぎをうまく縫い合わせながら、じっくりとご覧になってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Bette Midler - From A Distance


LaLa TVfor Lady by Ladyキャンペーンで使われていて、知った曲。落ち着きもあり、伸びやかな歌声と熱唱。口ずさみたくなる旋律。

夢、描いてますか?
海、感じていますか?
風、味わってますか?
体、癒してますか?
心、磨いてますか?
愛、鍛えてますか?
恋、諦めてませんか?
空、覚えてますか?
志、秘めてますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

The Beach Boys - Sloop John B (Original Video)



 海辺にたたずむマリソル。それを優しいまなざしで見つめたのち、近づいていくホレイショ。

ホレイショ「待ったか」
マリソル 「ホレイショ」
ホレイショ「大丈夫か」
マリソル 「あなたに聞いておきたいことがあるの」
ホレイショ「なんだ?」
マリソル 「先週の治療で言ってくれたわよね。『ずっとそばにいる』って」
ホレイショ「そうだ」
マリソル 「あれはどういう意味?」
ホレイショ「つまり、…どんなかたちでも一緒にいようってことだ」
      (少し照れながら)
マリソル 「それって………結婚っていうかたちもあるってこと」
ホレイショ「もちろんだ」 (マリソルが言い終える前に間髪を入れず)
……
ホレイショ「そうだ!」

    CSIマイアミ4の22話【クルーズ船の底から】
    曲はこのエンディングに近い、別のシーンで流れていたもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

錦秋の季節となり、映画…

アフター・ウェディング
 シネカノン有楽町2丁目 10:50

インベージョン
 シネマ・イクスピアリ 12:45 15:00
 シネプレックス幕張 14:35

グッド・シェパード
 シネマ・イクスピアリ 11:00
 シネプレックス幕張 15:00
 TOHOシネマズ市川コルトンプラザ 9:50 13:20
 TOHOシネマズ船橋ららぽーと 14:20 18:00

バイオハザード3

パーフェクト・ストレンジャー
 シネマ・イクスピアリ 15:55

ボーン・アルティメイタム

ミス・ポター
 新宿ガーデンシネマ 10:10 12:25 14:40

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日、うれしかったこと

2007/11/03
 LaLa TVのキャンペーンソングで使われている曲がBette Midlerの♪from a distance♪であることがわかり、しかも着うたフルであったのでダウンロードしたこと。

2007/11/01 昨日、うれしかったこと!
 宿直の日にしては珍しくよく眠れたこと

2007/11/02*18:25
 届いた生協の品々の中に大好きな紅玉が入っていたこと! このあいだの4つは結局全部僕が食べてしまったなぁ。早く食べないとまたなくなっちゃうよ!

 業務システム上の懸案だったことがなんとか前進しそうだということがわかったこと

2007/10/31*20:11
 今夜7時に帰宅したとき、ご飯が炊き上がるようにセットされていたこと。妻に感謝、ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほぼ11月3日(2007年)

 7:40 起床。7:20には目が覚めたが、起きることができなかった。
 8:00 朝食を食べる。納豆、昆布、漬物、金時豆、味噌汁、ご飯。
 食後:テレビを流し見る。【王様のブランチ】ブックコーナーを見て、テレビは終了。
 9:40 食器洗い、歯磨き。
10:00 メールチェック。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アビより:座椅子越え

Ab453

座椅子の座面に陣取り、
背もたれの上を見上げ、
機をうかがう。

Ab451 意を決して、ジャンプ



Ab452

その姿はシャッタースピードでは追えない。

Ab449着地に成功して、今度はテーブルの上に視線を上げる。

Ab450

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんくるない

 日本語が乱れているという話を見聞きする。今に始まったことではないけれど。なぜそうなのかというと、おそらく心が乱れていることもその一端ではないかと思う。何気ない言葉、当たり前の挨拶、それらがどうもきちんと為されていないように思えることが多い。人のことばかりでなく、自分も含めて戒めるべきところがあると感じている。「おはよう」「いってきます」「いってらっしゃい」「ただいま」「おかえり」「ありがとう」「おかげさまで」「とんでもない」…。最近、本屋でつい気になって見るのがものの言い方に関する本。できる大人の「モノの言い方」、人に好かれる ものの言い方・伝え方のルールとマナー、ちょっとしたものの言い方、などなど。最近出た『できる大人の「モノの言い方」』は買おうかと迷いつつ、今はまだ思いとどまっている。きちんとしたものの言い方や挨拶ができるようにいつでも心していようと思う。まずは家庭から。夫婦間の間でも首を傾げたくなることがあるので気に留めておきたい。だいぶ前の記事で、最近読んだもので、『ネット発の「あいさつ」を国際語に!!』があります。とても身にしみる思いがしました。きちんと挨拶しよう、きちんと挨拶してほしい、その思いが強くなりました。「今日は」「今晩は」もいい表現だと思うのですが、仕事がらみだと朝から晩まで「お早う」を使っていることが気になることがあります。「おはよう」を使い慣れていると、どうも「こんにちは」や「こんばんは」を社内の人間に使うのがためらわれてしまいます。日本語には元々いい言葉 - 「お早う」「有難う」「お蔭様で」 -があるので、それらをきちんと普段からすべての日本人が使ってくれたら、殺伐とした出来事が少しは減るような気がします。新しい挨拶をあげるとしたら、「なんくるない」がいいのではないか、なんて考えました。なんとかなるよ、という意味合いだそうです。な・ん・く・る・な・い、というこの響きは挨拶としてよさそうに思えます。ここから派生して、(なんとかなるよ)(なんともないよ)(何かあるなら話を聞くよ)というような意味合いをもたせて、使っていくと心地よいのではないかと僕は勝手に思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほぼ11月2日(2007年)

 4:40 起床。宿直中の仮眠ながら、よく眠れた。最近の宿直ではほとんど眠れないのだけれど。珍しく目覚ましで起きる。
 午前中の仕事は順調に推移。明ける。ただし、午後から急な打ち合わせが入り、本屋で時間をつぶすことになる。
 やっぱり手元に置いておいたほうがいいと思っていた本を買う。
Joukan Bud_2

 『幻影の城館』は以前、図書館で借りて読んだ本。不思議な雰囲気の内容だった。よくわからないまま、心地よく、一気に読んだ。
 『ブッダの教え』はフランス人が仏陀の教えについて書いたもの。前々から気になっていた。ついに購入。
 いずれの本も買っておかないと手に入らなくなりそうな気がして、本日購入。

 午後の打ち合わせ。約束の時間が1時間後にずれ込む。2度目の待ち合わせに少し遅れていく。またずれ込むだろうと予測してのことだったが、すでに始まっていた。僕の出番は初めからない打ち合わせだったので気乗りがしていなかったが、案の定、そうなった。でも首尾は上々だったので、まあ良しとしよう。

 気になる本がもう1冊。『いのり』(丸善・日本橋店)。5日に買いに行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢ふくろう

出るようです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほぼ11月1日(2007年)

 6:50 起床。アビーの食事は妻がした。体が起きるまでしばらくテレビを見る。
 7:10 朝食の準備をし、済ませる。
 8:00 とくダネ!を見る。
 8:40 『ヨーガとアロマで調える体質別気持ちいい暮らし方』をスキャンする。
 カラーで画像をスキャンできないことに気づき、ソフトをアップデートしようとしたけれど、Vistaに対応していなくて、断念する。何か新規正規ソフトを買う必要が出てきそう。
 9:40 洗濯する。
10:30 洗濯たたみ&干し、食器洗い、アビーの爪切り
11:10 アビー、間食。
11:45 妻が帰宅する(人間ドックのため休暇)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »