« 猫として生まれてきてよかった約100の理由 | トップページ | 「いらっしゃいませ」の意味 »

体組成計の進化系『ココロスキャン』開発を目指して

 最近の体重計は体組成計という機能がついていて、年齢、性別、身長を登録して、体重計に乗ることで、体重、体脂肪率、筋肉量、推定骨量、基礎代謝、体内年齢などができるそうです。この体組成計の進化したかたちが心組成計『ココロスキャン』です。形状は体重計とかわりありません。左右のグリップを握り、左右の足を乗せるだけで次の数値が計れます。

 精神力量:0~100mmp
 MMI(マインド・マス・インデックス):標準値は55
 精神活力率:0~120%
 精神活力レベル:0~10段階
 骨格精神力:0~100mp
 骨格精神力スコア:0~5段階
 心身気力:0~10kiai
 推定魂量:14~35g
 精神基礎代謝量:標準値は3000kcal

精神力量について
 精神力量とは人がもっている心・精神の力およびその全体の量を数値化したものです。単位はmmp(メイン・マインド・パワー)です。
 人がもつ精神力をその体力との割合を数値化したものをMMI(マインド・マス・インデックス)といいます。病は気からという言葉が示すように、精神力や気力は体力を上回っていなければなりません。標準値は55です。これより多くても少なくても良くありません。

精神活力率について
 本当の疲労は身体的にだけでなく精神活力率で判断します。
 精神活力は、人が行動する上でエネルギー源になるだけでなく、平静を保つ、内的・外的圧力から心を守る、心に潤いを与える、元気溢れる行動力を形作る、しっかりした社会 生活を保つなどの役割があります。しかし、精神活力率が高すぎたり、低すぎたりすると、行動力が空回りしたり、良い結果が得られなかったりする要因になり ます。

精神活力レベルについて
 精神力の中に含まれる活力の割合のことを精神活力レベルで表します。
 燃え尽き症候群に代表されるように、精神活力の強さが身体や心の疲労度と密接な関係があるとされています。精神活力の状態を精神活力レベルとして表示します。

骨格精神力スコアについて
 精神活力を支え、骨格となる精神力を骨格精神力といいます。骨格精神力が減ると、精神的負荷が増すために精神疲労が蓄積しやすくなり、行動力不足の様々な原因にもなります。
 骨格精神力に注意を払うことは心身の健康と行動力のために大切です。骨格精神力が精神力量に対してどのくらいの割合があるかがわかる指数を骨格精神力スコアといいます。

精神基礎代謝量について
 精神基礎代謝とは、生きていくために最低限必要な精神力のこと。通常、1日の総消費エネルギー量の内の約70%を占める身体的な基礎代謝量を上回っている必要があります。
 精神基礎代謝量が多い人は気持ちが燃えやすく、能動的で行動力があり、精神的にタフで、体の疲労度も少なく、気力の充実度が高まる傾向があります。少ない人はやる気を起こしにくく、落ち込みやすいと言われます。
 精神基礎代謝は人間関係や行動力を中心に消費されますから、精神基礎代謝量も骨格精神力によって左右され、同じ精神力量でも骨格精神力の高い人の方が精神基礎代謝は高くなります。

推定魂量について
 様々な身体的・精神的活動を支えたり、生命力を保護するなど大切な役割を果たす魂。しかし、よくわかっていません。心身全体に含まれる魂の量を「魂量」といいます。
 20歳頃に最大の魂量となり、その後は加齢とともに徐々に減少していくとされています。不道徳な行いは魂の量と質の低下を招くので避けましょう。身体的・精神的活動力との相関関係を元に、命尽きた際に残る魂の量(14~35g、平均は21gだそうです)を統計的に推定した推定魂量といいます。

心身気力について
 心身気力とは人間もつ気の力ことで、全身を駆け巡っています。
 体の内から外へ、プラスの気を発することで周囲の人を明るい気分にしたり、鼓舞したり、逆にマイナスの気では人をしらけさせたり、落ち込ませたりすることがあります。
 気の力が強い人は優れた功績を残したり、時には相手の体に触れることなく突き飛ばすことができます。






 あっ、ひとつ忘れていました。

精神年齢について
 心組成と精神基礎代謝の、年齢および行動の傾向から独自の研究により、精神年齢を1歳単位で表示します。
 身体的な年齢に相関して、同じであることが良いとされています。大きく上回ると、大人びているとか、老成しているとか言われることがあるでしょう。若干下回るくらいでしたら、若々しいと言われ、好ましいと思われる場合もあるでしょう。
 ただし、かなり下回る場合は、バカ・アホ・マヌケ扱いされて、卑下されることがありますの注意が必要です。中には、憎めない人として可愛がられる場合もあるようです。

|

« 猫として生まれてきてよかった約100の理由 | トップページ | 「いらっしゃいませ」の意味 »

『んなか』日々暮らし随書言想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17790/16390632

この記事へのトラックバック一覧です: 体組成計の進化系『ココロスキャン』開発を目指して:

« 猫として生まれてきてよかった約100の理由 | トップページ | 「いらっしゃいませ」の意味 »