« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

笑・脳内ドックに行ってきました

Rhyme_nou
 このあいだ【うたばん】で見た『脳内メーカー』で遊んでみました。
当ブログでの名前でやってみました。結果を自己分析してみます。

 スウィーツを食べたいけれど、普段はそのような機会をつくっていないので、せめてお気に入りのリンク先でのスウィーツを目で楽しんでいます。

 ブログで自己表現しているからには多少なりとも目に留まりたい、読んでほしいという欲が渦巻いています。

 それはネット上での友(ネッ友)を探していることにつながっているのかもしれません。

 そして、遊び上手ではない僕はブログを通して遊び、気分転換を図っているのかもしれません。そのブログも最近は遊んで(サボって)いることが多くなってしまっています。仕事上で、ここ1ヶ月はパソコンとにらめっこしていることが多いので、家ではあまりやりたくないという気持ちの表れかもしれません。もっと違う遊びをしたい、と思っても、遊びべたな僕は本屋に行くか、アビーの昼寝に付き合っているか、どちらかです。

 パソコンといえば、これまで使っていたディスプレイが怪しくなってきたので、98から思い切ってヴィスタにジャンプアップし、ブログにも復活の兆しを徐々にアップしているところです。

 ですが、当面、98時代のデータをヴィスタに移すのに時間をとられています。パソコン通しをケーブルでつないで、移せばいいやと思っていたら、ケーブルすらつなげられる物理的環境ではないことが発覚し、【ファイルバンク】を通して、データ移行中です。

 98のデータを移し終わったら、【クノーピクス】を試してみようかと思っています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

本『ER襲撃』

 仕事上、やることがいっぱいある日が続き、ココにログできません。

 久しぶりに一気読みした本について書きます。それは『ER襲撃』です。ずいぶん前に買っておいた本で、長いこと棚に並べられたままでした。読もうと思ったきっかけは、海外ドラマ【ER12】の最終回を見終えたことからです。(早く【ER13】を放映してくれ)的な終わり方でした。かいつまんでいえば、ER・カウンティ病院が銃撃され、数名が負傷する事態でエンドマークとなりました。その後すぐに思い出したのがこの本です。
 さて…。
 この本はER・アナザー・書籍版といった感じです。ドラマで出てくる、いつもは聞き流してしまっている医学や医療の専門用語が視覚的に入ってきます。(あぁ、そうそう、この言葉、この単語、ドラマで出てきたなぁ)というのが目白押しです。それだけで臨場感があります。また想像を膨らませて、小説の登場人物をドラマの中のキャラクターとかぶせつつ読んだので、いっそうドラマを読んでいるかのように感じました。たとえば…
 主人公・ER室長:デイヴィッド・スパイア → マーク・グリーン
 ERレジデント:ダイアン・トレース → スーザン・ルイス
 研修中の医学生:カースン・ドナルズ → 若き日のジョン・カーター
 ERスタッフドクター:ドン・ランバート → アーチー・モーリス
 ER病院長:サンディ・エヴァンズ → ケリー・ウィーバー
といった感じです。スパイアは小説の中で事件に巻き込まれ、かかわるまではドクターとしてとても優秀で、人望があります。そのことでサンディはスパイアに絶大な信頼を寄せています。カースンは自分の医療ミスで患者を傷つけ、落ち込む姿は、かつてドラマERのオープニング・テーマで頭を抱えて落ち込むカーターを思わせます。ドンは立場をわきまえず病院を抜け出して休憩を取ったり、院内での行動も不真面目な雰囲気を漂わせています。
 その彼らが病院を舞台にして犯罪に巻き込まれます。体にアルカリを浴びせつけられ、ひどく傷を負わせるという事件が起きます。犯人はだんだんエスカレートし、反抗が巧妙化し、暴力化していきます。スパイアは犯人に精神的な障害があるとして、犯行を止めるとともに、犯人を救いたいと思い、事件に積極的に関わっていきます。医療行為の過程は犯罪捜査のそれと類似しているところもあるようで、スパイアは徐々に犯人に迫っていきます。その流れはスピーディで、読む速さも比例しました。
 その結末は…






 書きません。ドラマ【ER】ファンの皆さん、必読ですよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「いらっしゃいませ」の意味

いらっしゃいませ
①店内を移動している店員が顧客と通り過ぎるときに発する挨拶
②商品を物色している顧客の後ろを通り過ぎるときにかける言葉。
③顧客が立っている前方の陳列棚に商品補充しにきた店員が(場所を明けてください)という意図をこめた言葉。
④商品棚を整理しているときに顧客が近づいてきたときに(ここはあとにしてください)をくみ取ってもらうために発する言葉。
⑤顧客が入店してきたり、「すみません」と店員に声をかけてきたりしたときにかける足枕言葉(一定の購買行動のあとに、これを静観し、または接客態度を整える言葉)。また、店員が商品やサービスを購入してほしいがために積極的に声をかける場合には枕言葉にもなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体組成計の進化系『ココロスキャン』開発を目指して

 最近の体重計は体組成計という機能がついていて、年齢、性別、身長を登録して、体重計に乗ることで、体重、体脂肪率、筋肉量、推定骨量、基礎代謝、体内年齢などができるそうです。この体組成計の進化したかたちが心組成計『ココロスキャン』です。形状は体重計とかわりありません。左右のグリップを握り、左右の足を乗せるだけで次の数値が計れます。

 精神力量:0~100mmp
 MMI(マインド・マス・インデックス):標準値は55
 精神活力率:0~120%
 精神活力レベル:0~10段階
 骨格精神力:0~100mp
 骨格精神力スコア:0~5段階
 心身気力:0~10kiai
 推定魂量:14~35g
 精神基礎代謝量:標準値は3000kcal

精神力量について
 精神力量とは人がもっている心・精神の力およびその全体の量を数値化したものです。単位はmmp(メイン・マインド・パワー)です。
 人がもつ精神力をその体力との割合を数値化したものをMMI(マインド・マス・インデックス)といいます。病は気からという言葉が示すように、精神力や気力は体力を上回っていなければなりません。標準値は55です。これより多くても少なくても良くありません。

精神活力率について
 本当の疲労は身体的にだけでなく精神活力率で判断します。
 精神活力は、人が行動する上でエネルギー源になるだけでなく、平静を保つ、内的・外的圧力から心を守る、心に潤いを与える、元気溢れる行動力を形作る、しっかりした社会 生活を保つなどの役割があります。しかし、精神活力率が高すぎたり、低すぎたりすると、行動力が空回りしたり、良い結果が得られなかったりする要因になり ます。

精神活力レベルについて
 精神力の中に含まれる活力の割合のことを精神活力レベルで表します。
 燃え尽き症候群に代表されるように、精神活力の強さが身体や心の疲労度と密接な関係があるとされています。精神活力の状態を精神活力レベルとして表示します。

骨格精神力スコアについて
 精神活力を支え、骨格となる精神力を骨格精神力といいます。骨格精神力が減ると、精神的負荷が増すために精神疲労が蓄積しやすくなり、行動力不足の様々な原因にもなります。
 骨格精神力に注意を払うことは心身の健康と行動力のために大切です。骨格精神力が精神力量に対してどのくらいの割合があるかがわかる指数を骨格精神力スコアといいます。

精神基礎代謝量について
 精神基礎代謝とは、生きていくために最低限必要な精神力のこと。通常、1日の総消費エネルギー量の内の約70%を占める身体的な基礎代謝量を上回っている必要があります。
 精神基礎代謝量が多い人は気持ちが燃えやすく、能動的で行動力があり、精神的にタフで、体の疲労度も少なく、気力の充実度が高まる傾向があります。少ない人はやる気を起こしにくく、落ち込みやすいと言われます。
 精神基礎代謝は人間関係や行動力を中心に消費されますから、精神基礎代謝量も骨格精神力によって左右され、同じ精神力量でも骨格精神力の高い人の方が精神基礎代謝は高くなります。

推定魂量について
 様々な身体的・精神的活動を支えたり、生命力を保護するなど大切な役割を果たす魂。しかし、よくわかっていません。心身全体に含まれる魂の量を「魂量」といいます。
 20歳頃に最大の魂量となり、その後は加齢とともに徐々に減少していくとされています。不道徳な行いは魂の量と質の低下を招くので避けましょう。身体的・精神的活動力との相関関係を元に、命尽きた際に残る魂の量(14~35g、平均は21gだそうです)を統計的に推定した推定魂量といいます。

心身気力について
 心身気力とは人間もつ気の力ことで、全身を駆け巡っています。
 体の内から外へ、プラスの気を発することで周囲の人を明るい気分にしたり、鼓舞したり、逆にマイナスの気では人をしらけさせたり、落ち込ませたりすることがあります。
 気の力が強い人は優れた功績を残したり、時には相手の体に触れることなく突き飛ばすことができます。






 あっ、ひとつ忘れていました。

精神年齢について
 心組成と精神基礎代謝の、年齢および行動の傾向から独自の研究により、精神年齢を1歳単位で表示します。
 身体的な年齢に相関して、同じであることが良いとされています。大きく上回ると、大人びているとか、老成しているとか言われることがあるでしょう。若干下回るくらいでしたら、若々しいと言われ、好ましいと思われる場合もあるでしょう。
 ただし、かなり下回る場合は、バカ・アホ・マヌケ扱いされて、卑下されることがありますの注意が必要です。中には、憎めない人として可愛がられる場合もあるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫として生まれてきてよかった約100の理由

Ab224

パパにゃん、ママにゃん、わたしをネコとして生んでくれてありがとニャ。
日々それはそれは感謝をしているニャ。
間違ってわたしが人間だったらきっとわたしの人生は思う存分眠ることもできず、自由を謳歌することが難しかったに違いにゃい。
考えるだけで総毛立つ思いニャ。
ネコとして生まれてよかった100に近い理由がある。

それは・・・


人生、いや、猫生の生きている時間の60%を眠って暮らせる。
いつでも、どこでも眠れる性質だ。
早起きが得意だ。
早朝に人を起こすのが楽しみのひとつだ。
その人を起こすことに失敗し、朝食の時間が遅れても気にならない。また朝は来る。
二度寝しても寝坊しても「早く起きなさい」と咎められなくていい。
顔を洗うのは好きだが、歯を磨かれるのは嫌いだ。
毎朝、新聞や牛乳を配達する人が窓越しに微笑んでくれる。
広げた新聞は読む必要はなく、その上に乗ればいい。
骨を強くするのに牛乳を飲む必要はなく、魚で十分だ。
食事し始める前に十字を切ったり、手を合わせたりする必要がない。
脳みそは額ほどにしかないが、爪を隠していることで賢く見られる。
学校に行く必要がない。メダカとは違う。
メダカを素手で捕まえることができる。
ただし、環境悪化でその絶滅を危惧している。
仕事に出かけなくていい。
当然、朝のラッシュ、満員電車とは無縁だ。
もちろん上司の思いつきに振り回されなくていい。
ヨガ、ピラティス、真向法をそつなくこなせる柔軟性がある。
肩凝りや頭痛とはほぼ無縁だ。
「わたしはうつくしい」
顔の表情を抑え気味にするイメージ戦略で、クール・ビューティと言われる。
全身フェロモンに溢れていて、行く先々がフェロモンに満ちている。
顔を洗うだけで十分であり、化粧する時間もお金も使わなくていい。
もちろんヒゲを剃る必要もない。剃ればかえって生活の支障になる。
モデルとして優れ、いろんなポーズをつけることができ、絵になる。
他の猫を羨むことも嫉妬することもない。
入浴することなく清潔でいられる術を知っている。
用を足してもトイレットペーパーは必要なく、地球にやさしい。
暮らす上で快適な居住空間(涼しい所、暖かい所)を知っている。
いつも毛皮を身につけていられる。
いつも心と体は裸でいたい。変に服やネックレス(首輪)をつけないでほしい。
服を着せられたとしてもブラジャーの締め付けを終生感じずに済む。
もし黒い毛皮に着替えられるなら、時には人に不吉なメッセージを届けてみたい。
もし黒い毛皮に着替えられるなら、時には人に幸せなメッセージを届けてみたい。
自由気ままだ。
孤独を楽しんでいる。
人に媚びる必要がない。
行動する上で人の気持ちを考えなくていい。
人がやばい話や内緒の話をする時、「ちょっと席をはずして」と言われなくていい。
人をお手伝いさんとして位置づけ、食事を用意させることができる。
トイレ掃除は人がやってくれる。
トリミング代は人間もちだ。
医療費も人間もちで、自己負担も一切ない。
家にいれば、安心・安全な生活が保たれ、十分に楽しめる。
ときどきゴロゴロと喉を鳴らしてやれば、人をメロメロにすることができる。
犬とは違い、芸を覚えることを過度に期待されることがなく気楽だ。
親戚づきあいに煩わされることがない。
年頃になって「一人暮らししたい」と言ってもまず反対されることがない。
高所恐怖症ではない。
マンション10階のベランダの手すりを歩けるし、地上を見ても怖くない。
閉所恐怖症でもない。
ただし、高所や閉所をはじめ、どこにいたとしても大きな音を立てないでほしい。
爪を研ぐ場所に事欠かない。
夜には狩猟が待っている。
毎夜ごと運動会(いきなりダッシュ、狩りモノ競走)があり、楽しみだ。
出かけるにしても「夜9時までに帰ってきなさい」と言われることはない。
集会に参加するために夜の外出が許されている。
ただし、出かける際のお小遣いの500円玉がうまく握れない。
そもそも500円玉の価値がわからない。
機嫌が悪いことに言い訳がいらない
機嫌をなおそうと麻薬にも似たマタタビをやっても違法ではない。
鳥や虫を殺生しても逮捕されない。ネズミをヤレば喜ばれることもある。
鳥や虫を捕まえてきても警察に追われることはない。
捕まえてきた鳥や虫を人に見せた時の驚いた表情を見るのが楽しみだ。
物を落として壊しても器物破損罪に問われない。
そこらじゅうに毛玉を吐いても軽犯罪法に問われない。
悪さをしても狭い所に逃げ込めば、人は追ってこられない。
叱られて押入れに閉じ込められたとしてもへいちゃらだ。
たとえ「地に足をつけて!」と諭されても、人より2本多くついていることに自負している。
他の猫がテリトリーを侵せば、不法侵入で訴えるか、実力を行使する用意がある。
子をもつことを諦める手を施せば、いらぬ病気にかかりにくくてよい。
子をもつことを諦めなければ、この世はイタリアだ。言い寄ってくるものは多い。
もっともくどき文句はイタリア語でなく、猫語だ。
多くの関係をもってもふしだらだと思われない。
セックスしてもその後の関係にあとくされがない。
股間を手入れするのにこそこそ人目を気にする必要がない。
わたしはできるが、足で顔や頭を撫でつけることができる人間は少ない。
間が悪いと言われるが、ぶらさがった紐を引き、蛍光灯を消すのが得意だ。
時にはリモコンのスイッチを押し、テレビをつけたり、留守番電話を聞いたりする。
もちろんテレビに映し出される色はわからないし、伝言の意味もわからない。
「ざらざらした、その舌なら大根おろしをつくれるかも」と言われたが、その気はない。
血液型や星座やおみくじなどの占いに一喜一憂しなくてもいい。
ただし、血液型にO型、干支に猫がないのを遺憾に思っている。
コミックやテレビやゲームに毒されることがない。逆に主人公としてそれらで人を虜にできる。
本は読む物ではなく、その角を噛んだり、顔や首周りの痒みを擦りつけたりするものだ。
体操競技の鞍馬が得意で、着地はいつもピタリと決めることができる。
サッカーをするのが好きで、特にドリブルが得意だ。
ボクシングが好きで、猫パンチ・ジャブが得意だ。気合いが入った時の振り出しは速く、鋭い。
猫仲間や人を相手にしたプロレスが好き。特に噛みつくという反則技がもうたまらない。
あらゆる音に敏感でいたいが、耳掃除は嫌いだ。
音を立てずに歩けることが自慢だ。
それは犯人の尾行には都合いいが、振り返られた時に身を隠さないのですぐばれてしまう。
たとえ犯人が逃げたとしても、ダッシュして、飛びかかって、引っ掻いて押えられる。
犯人の潜伏先を張りこみ、待ち伏せるのが得意だ。
耳が利くので、犯人についての聞き込みが得意だ。ただし、人の言葉はわからない。
また、音がよく聞こえすぎて、物を爪で引っ掻く音が耳障りだ。人間もそうらしい。
「だ・る・ま・さ・ん・が・こ・ろ・ん・だ!」と振り返られた時、ピタッと止まれるが、どうしてもしっぽが動いてしまう。
客席に顔を向けたまま、しっぽでオーケストラを指揮することができる。
来年のウィーンフィル・ニューイヤーコンサートの指揮者に抜擢された。
BSテレビ・MEWMEWで定期的に放映される『筋肉バトル!!アニマルNO.1決定戦』において、種目の中の【モンスター・ボックス】と【ビーチ・フラッグス】と【ショットガン・タッチ】では負けたことがない。
齢を重ねるスピードが早く、太く短く濃密な人生、いや、猫生を送ることができる。
猫生・キャットライフ、最高! 猫・ばんざい!
その生き様が『猫・ばんざい!』として映画化された。
浅草、谷中と並ぶ東京下町3大映画祭の一つ、「神楽坂国際映画祭」で「猫・ばんざい!」が特別招待作品に選ばれ、「グローリー・トゥ・ザ・キャットライフ(猫・ばんざい)」賞を受賞した。

パパにゃん、ママにゃん、本当にありがとう。

************************************
参考記事
 らばQ:男として生まれてきてよかった100の理由
 らばQ:女として生まれてきてよかった100の理由

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »