« ズームインよりも | トップページ | 人様の迷惑にならないように »

迷悟の儘(まいごのまま)

 誰でも 仏 になれる可能性があるそうです。ただその道はとても険しいものです。おそらく僕は仏にはなれないような気がします。いつも迷いがあるから、いつまでも煩悩の中にとどまっていそうだから。ブッダのような悟りを得たいかというとそうでもない。それともただ諦めているだけかな。本当は悟りを得たいと思っているのだけれど、迷いつづけ、流されつづけ、悟りまでの道を迷いながら、行ったり来たりしているだけなのかもしれない。

Otona Buddha

「ブッダの言葉は、意味深くてとても素晴らしいものです。論理的で子供にでも理解しやすい教えですから、学んでみると誰でも惹かれてしまうはずです」(ブッダ-大人になる道)
 とはいえ、仏教というものは相当に難しいもの、訳の判らないもの、捉えどころがないもののように思えます。それは日本仏教と呼ばれるものをみてみると、いろいろな宗派があり、大きく捉えればそれらは仏教といわれるものだということ。法律に解釈があるように、ブッダの教えにもいろいろと解釈が生まれてきたということです。何をもって仏教かと突き詰めていけば、それはやはり仏 -ブッダ- の教えというものに触れることが大切だと思います。最初から仏典を学ぶのは難しいでしょう。ブッダの教えをやさしい言葉で書かれた本を読むことから始めようと思います。僕はそうしてブッダの教えというものに惹かれ始めています。

|

« ズームインよりも | トップページ | 人様の迷惑にならないように »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 迷悟の儘(まいごのまま):

« ズームインよりも | トップページ | 人様の迷惑にならないように »