« ゆるく、なつかしく | トップページ | 結婚した後でも確かめておくべき15の質問!? »

本『早朝坐禅』…期待感、大!

Zazen
早朝坐禅――凛(りん)とした生活のすすめ

坐禅・散歩・姿勢・呼吸……山折流「身体作法」入門
時には、「ひとり」で坐ってみよ
「群れ」を離れ、静かに自分自身と向き合えば、人生が深くなる

<まず、坐ってみる。坐るのに飽きたら、歩いてみる。>
序 章 自殺者三万人という異常事態――なぜ、日本人は病んでしまったのか
第一章 早朝坐禅――まず、三分から始めてみる
第二章 散歩の効用――歩くことで、何が見えてくるか
第三章 心が楽になる「身体作法」――正しい姿勢が人生を変える
第四章 うつになる人、ならない人――「親子関係、人間関係」でつまずかない
第五章 夜の作法を身につける――「眠れない人」のための、夜とのつき合い方指南
終 章 無常を思って生きる――「死」を穏やかに受け容れるためのレッスン

■疲れたときは「ひとり」になり、しばし沈黙せよ
現代ほど「人間関係」の重要性が説かれる時代もない。家族、学校、会社、それぞれにおけるコミュニケーションの大切さが謳われる一方、疲れた人やうつ病は 増え続け、自殺者は九年連続で三万人を超えている。著者は、疲れたときには「群れ」から離れて「ひとり」になってみよ、という。毎朝、五分坐って、己の心 と向き合う。正しい姿勢で、深い呼吸をする。季節の風を胸元に入れながら、歩く。ときには庭にたたずみ、河原で風に吹かれる。ひとり静かに自分自身や自然 と向き合うことが、騒々しい人間関係の疲れを取り、豊かな人生を手に入れる最良の方法なのだ。――凛とした生活を送るために大切な身体作法を実践的に説 く、山折流・人生指南の書。

*****************************************

 つい極めたくなってしまうのです。先日、『現代人のための瞑想法 (サンガ新書13 役立つ初期仏教法話4)』を買って、まだ読んでもいないうちに、この本が目にとまり、目次を見て、(良さそうだな)と思い、手に入れてきました。期待感、大!です。

|

« ゆるく、なつかしく | トップページ | 結婚した後でも確かめておくべき15の質問!? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本『早朝坐禅』…期待感、大!:

« ゆるく、なつかしく | トップページ | 結婚した後でも確かめておくべき15の質問!? »