« まだ梅雨明けないの | トップページ | 追っかけていくと… »

I help you to help yourself.

 

あなたが自分自身を助けられるように、私はあなたを手助けします。

 この何気ない言葉がなんと深いことか。もちろん人はひとりでは生きていくことはできない。それでも独りで立ち、つまり自立し、自由に生きることができるし、それを目指すことが望ましい。親に頼ることなく、会社に頼ることなく、ひいては神や仏をも頼ることなく、自らが立ち、生きていくことを。
                  『ブッダ-大人になる道』

 僕は自立して生きているように思っている。はたしてそれは本当か? 本当だとしても自由に生きているか? 自由に生きているようにも思う。でも本当のことか?

 人の役に立とうとする行いも、相手の自由を鑑みれば、差し障りが出てきてしまう。このたびの中越沖地震におけるライフラインの復旧の遅れもさることながら、食料が十分に行き届いていないことを聞くと何とも歯がゆい思いがする。そこでもし人の役に立とうという思いで個人が物資を送ったとしても、その仕分けに手間取り、復旧・復興に支障が出てしまうという。そのため救援物資は主に国や企業が主導するのだという。人に役に立ちたいという思いと、とにかく支援してほしいという思いが相通じ合うべきものと思うけれど、それを果たすべく仕組みがなく、うまく機能させることができていない。支援は義援金でという。理に適っているように思うが、情に適っているといえるのか。そこには役に立ちたいという思いが込められているし、伝わっているものと思いたい。とにもかくにも十分な食料の支援と、迅速なライフラインの復旧を望みたい。

|

« まだ梅雨明けないの | トップページ | 追っかけていくと… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: I help you to help yourself.:

« まだ梅雨明けないの | トップページ | 追っかけていくと… »