« 懲りていない面々 | トップページ | 亡霊は生きていた »

ゴールドと一番とではどちらが上なのか


 キリンビールから【キリン・ザ・ゴールド】というビールが新発売されている。もっぱら【一番搾り】派の僕も「隠し苦味」というものに惹かれ、飲んでみる。コーヒーでも苦味があるもののほうが好きな僕はこのビールを結構おいしいと思っている。最初、一口ぐいっと飲んだ瞬間にはよくわからなかったけれど、すぐにあとから苦味が広がってきた。
「お、おいしい、この苦味」、そう思った。
 一缶飲み干したところでも苦味が残っている。
「んんー、なんか苦いなぁ」、もう少し飲みたい気になった。
 口直しに一番搾りを飲んだ。
「やっぱり一番搾りだな。おいしい」
 さて、どちらがよりおいしいのだろうか…。触れこみどおり「次ぎの一杯もおいしく飲める」キリン・ザ・ゴールドなのか、苦味を一掃してしまう一番麦汁の一番搾りなのか。答えの出ぬまま、一杯目にキリン・ザ・ゴールド、二杯目に一番搾りと、今年はビールを飲む量が増えそうな予感がする。

|

« 懲りていない面々 | トップページ | 亡霊は生きていた »

『んなか』日々暮らし随書言想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17790/14850775

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールドと一番とではどちらが上なのか:

« 懲りていない面々 | トップページ | 亡霊は生きていた »