« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

陽の当たるソファで眠るに限る

陽の当たるソファで眠るに限る
きもちいい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有妻変 ~妻ある男の変~

Yuusaihen1_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイデンティティ・コード

Idcircleg
アイデンティティ・サークル
1.WHO AM I?
   私は誰なのだろう?
2.WHAT MAKES ME SPECIAL?
   私だけが持っている特別なものとは何だろう?
3.IS THERE A PATTERN TO MY LIFE?
   私の人生で繰り返されてきたパターンは何だろう?
4.WHERE AM I GOING?
   私はどこへ向かっているのだろう?
5.WHAT IS MY GIFT?
   私にはどんな能力が備わっているのだろう?
6.WHO CAN I TRUST?
   私が信頼できるのは誰だろう?
7.WHAT IS MY MESSAGE?
   私のメッセージとは何なのだろう?
8.WILL MY LIFE BE RICH?
   私の人生はどうすれば豊かになるのだろう?
Idcode_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーシャッポ6

 会議やプロジェクトがポシャらないように

 

シックスハット(6つの帽子)は、会議の時間を有効に、創造的にするためのツールと言われます。6つの帽子(シックスハット)は、以下のように定義づけられます。
1、ホワイトハット(白い帽子)・・・<情報>
 イメージは、「コンピュータ」
  ・偏らない情報
  ・データ、事実
  ・判断、意見、仮定、提案をしない
2、レッドハット(赤い帽子)・・・<感情>
 イメージは、「心臓(ハート)」
  ・どのように感じるか、直感
  ・説明不要の好き嫌い
  ・正当化の必要は無い
3、イエローハット(黄色い帽子)・・・<プラス思考>
 イメージは、「太陽」
  ・プラス思考
  ・アイデアの利点は何か
  ・どのようにして実現できるか
4、ブラックハット(黒い帽子)・・・<注意>
 イメージは、「裁判官」
  ・リスク、危険、懸念や反対
  ・何が失敗しそうか
  ・ただし、マイナスの感情はレッドハットに含まれる
5、グリーンハット(緑の帽子)・・・<創造性>
 イメージは、「ジャングル(創造性豊かな環境)」
  ・新しいアイデア、新しい代替案
  ・現在の議論の枠組みを広げる
  ・どのようにしてブラックハットを乗り越えられるか
6、ブルーハット(青い帽子)・・・<思考プロセス>
 イメージは、「空(そら)」
  ・思考プロセスを管理する
    どこから始めるか、アジェンダは、
    目的は、どの帽子を使うか、
    サマライズはどのように、
    次に何をすべきか
  ・プロセスに対する提案
  ・結果をまとめる

<活用方法>
 ・ひとつひとつの帽子の討議時間を短く制約し、タイムキーパーが時間管理をする
 ・書記係を置く
 ・ひとつひとつの出されたアイデアをその場で評価しない
<活用のコツ>
 ・会議のテーマは「売上を上げる」という漠然としたものではなく、「売上を前年比5%上げる」という具体的なものの方が、会議の生産性を高める
 ・通常は、イエローブラックグリーンホワイトレッドブルーの順で会議を進める
 ・ブラックの前にイエローを使うことが有効
 ・迅速な決断を要しているときには、イエローブラックブルーの順
 ・参加者間に葛藤がある場合には、ホワイトグリーンブルーの順
 ・ブラックからスタートするのは避ける方が賢明
 ・ボスが同席しているときには、レッドから始めない方が無難
 ・会議の途中や終了間際に参加者の意欲をレッドでチェックすると良い
  <レッドハット7段階のチェック・レベル>
  1、凄い 2、好き 3、もっと情報が欲しい
  4、ちょっとわからない 5、嫌い 6、憎い

 既成の思考法のもとでの会議はホワイトから出発しがちです。その次にブラックレッドと進み、閉塞感に陥ってテーマが先送りされてしまうケースがままあります。シックスハットでは、必ず次の行動へ結論づけられなければなりません。
     エドワード・デ・ボノ博士のシックスハット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《ニャンコ先生と不思議な人》

Ab_town
 《ニャンコ先生と不思議な人》
 おそらく発売日が迫った、通勤途中の車中で見かけた広告にいたく魅せられてしまったのだろう。妻は発売日の翌日あたりに《レイトン教授と不思議な町》を手に入れ、しかも体温36.8℃という、普段の低温体質からするとかなり高熱が出ているにもかかわらず、水枕や氷嚢、首に葱巻きなど一切せず、布団で横になることもなく、コタツに深々ともぐり込み、日中の約8時間をそのゲームに費やして過ごした(ように見受けられた)。そんな妻は不思議な人だ。ニャンコ先生のアビーも僕と目を合わせ、うなづいている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

激・上空!1万メートルの死闘!!

Croket6_1  コロッケ!激・上空!1万メートルの死闘!!

 あるいは、
 CSI:シドニー【上空60分間の惨劇】
 15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)を制覇か!

 あるいは、
 映画【アイス・フライト】
 今度の敵はヘビではなかった、凍るような寒さだった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さあぁ、点滅した4つの四角を真ん中の赤い点を見つめたまま、最後まで目で追ってくれ!

Mindhacks_2
        Occluder demo MOT task

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読み飛ばした本

Kotoba_fuukei
 『言葉のなかに風景が立ち上がる』のもいいと思うのだけれど、そのような風景の中に僕自身が立って、言葉を発したり、飲み込んだりする時間と機会がほしい。




Theater 図書館で全集を借りたのですが、印刷されている漢字が古い書体でとても読みづらく、読むのをやめにしました。新潮文庫になっているので、折を見て、買って読もうと思います。その前に映画を観ることになるかな。





Simple  書いてあることが時代がずれているというか、いつの時代にも即しているというか、なんとも簡素なので読み飛ばしました。シンプル・イズ・ベストとまでいわなくても、ベターだというのはわかっているつもりです。シンプルなことを難しくするから生きづらくなってしまうのでしょう。




North_north_1  結極(≒結局)、僕には極めてどうでもいいことで、というか、こうした哲学で小難しいことを究極的に考えたくなかったというかで読み飛ばしました。





 今度読んでみるつもりでいる本です。
Mindhacks0 Hananomusubime_1 Yuufuren_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日もNond_ates Coffee

Ates2007_03_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリックすれば、見いだされる

Davinci
〈暗鬼ありの調査〉
 いよいよです。前々から伝説として噂され、そのことをドキュメントとして紹介されていたテレビ番組を通して知っていた、レオナルド・ダ・ヴィンチの幻の大壁画〈アンギアーリの戦い〉の一部がベッキオ宮殿・五百人の間にあるヴァザーリの大壁画の奥側に残っているかもしれないということで、本格的に調査されることが決まったようです。あったら、奇跡だし、嬉しい。けれど、あったとして、ダ・ヴィンチのことだから、壁画を描いた際の絵の具によっては観るも無残な状態に陥っているかもしれないという心配がついてまわります。あってほしい、そしてサンタ・マリア・デッレ・グラッツィエ教会の〈最後の晩餐〉のように痛んでいないでほしい。痛んでいても修復すればいいか。発見されることが大事!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本:ウォーリアーズ・シリーズ

Warriors1 Warriors2

ウォーリアーズWARRIORS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KILLERS

Hot_fuss_1 Hot_fuss0_1 Samstown_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本『花の結び目』

Hananomusubime
 きれいな表紙 そして、
Yuufuren

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥にいる魔女は見えない

Pikko
 流され、過ごす僕に魔女ピッキの魔法をプリーズ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

杉下右京 vs 森下サバオ

Yamanekoken
「気になるますニャぁ」と森下サバオが事件を解決!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本『蒼火』

Aobi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本『魅せる会話』

Miserukaiwa
     『魅せる会話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タオやかな心

Tao  本日、春一番一過。青い空と白い雲がやわらかい春の日差しに眩しく光っています。このような日には静なる風に、静なる風になって白い雲間を吹き渡っていきたい気分です。僕が吹き渡っていくと、大きな雲はいくつかに分かれたり、小さな雲は一つになったりして、青い空のキャンバスに僕の心を映し出していきます。静なる風になって、僕は行きます。風の行く先は ― 空

水の行く先は ― 海
草木の行く先は ― 大地
いずれも静かなところだ。
・・・
いずれはあの静けさに帰り
甦るのを待つのだと知ったら
心だって広くなるじゃないか。
心が広くなれば
悠々とした態度になるじゃないか。
そうなれば、時には
空を仰いで、
天と話す気になるじゃないか。

     『タオ―老子』より

| | コメント (1) | トラックバック (0)

〈アビーのきもち〉2007/2月号

Ab93_1
「病院っていうところはどうも緊張するわ。見知らぬお姉さんがやさしく声を掛けてくれるからまだしも、あの独特の雰囲気はいつ行っても慣れないわ」
  2月10日お誕生日を過ごし、15日ワクチンを接種。体重4.5kg。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ことのほか(1)

《死ぬってことは結局、イメージできる現実的な話としては、この日常がある日突然、ぷつっと終わるっていうことですよね?…(略)…この日常がぷつっと、テレビのスイッチを消したみたいに無くなるということですよね。…それはもう捨てた服のように関係にないことだと思うんですよ。…
 セッションでは、どうしていまの幸せをいま感じられないんだろう、それが残念だよねって。…なんか生きてる奴の勝ち、というふうにならないかなぁ? そういう作戦だったんですけどね。》

 《桃井かおりの「女の戦略」》 月刊 アイ ジェイ 2007/3号より

 《ことのほか》 殊の外、胸に刺さってくる言葉がある。その言の外にあるものは…。その言の他にあるものは…。そんなことのほかな言葉を書き留めます。 by Rhyme(らいむ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本『すじぼり』

Sujibori なんでこの本を読んでみようと思ったのだろう、と読み終えた僕はその理由を考えてみるのだけれど、思い出せない。“すじぼり”って何?って思ったのかもしれない。多分、これは線だけ彫った刺青のことなんだろう。読んでいくうちにまったの世界に突入していく。主人公の、どうにもダメダメ君までその道に染まりそうになっていく。くるしい持ちを抱きつづけている僕にはトンと縁のない世界のことだった。時折、主人公の優柔不断な、だらだらぶりが自分とダブって苛立ちすら覚えた。戦争の話もさることながら、その世界のこともどうでもいいことだ。大好きなときわ書房でたまたま手に取って(おもしろそう)と思い、図書館で借り、読んだ。宣伝文句が踊るポップで飾られていたわけではない。帯あるいは内容に惹かれるものがあったのかもしれない。あっという間に読み終えたものの、読んだ後味の悪さはいかんともしがたい。あまりお勧めしない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モチ論みんな働いている

Moti_hataraku
ひとつよろしいですか? 本を紹介させてください。この本は伝えています、外から差し向けられるものでもなく、内から掘り起こすものでもなく、自分の持論、つまり、いろんな気持ちや事柄などをうまく組み合わせて、やる気を自己調整しながら、力を最大限に計っていけばいい、ということですよ―気になりますねぇ~、このスタンス:持論と自己調整。持論は誰しも大概もっているものです。でも、いつもマイナスで調整しているところが僕の悪い癖。皆さん、読んでみたいですか? どうします?あなたにお任せしますあなたが読もうが読むまいが僕は構いませんよ。」
                            by 柚下左様

| | コメント (0) | トラックバック (0)

瞳に宿る力

Battery
 どちらも目の力が強い!映画【バッテリー】の林遣都と、【誰も知らない】の柳楽優弥。本で『バッテリー』を読んでいる妻は観に行くつもりだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本『猫ほど素敵な商売はない』

Nekohodosutekina 図書館で見つけて、借りて読みました。猫とホテルの組み合わせとはなんておしゃれなんでしょう。なんといってもページの随所に文に沿った挿絵が描かれ、楽しみを倍増させてくれます。満足した僕はコレクションに加えるため、ネットで買っちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テスト・ザ・ネコちゃん

テスト・ザ・ネコちゃん
Q.横たわるこの猫はその瞳で何を語りかけているのでしょうか?
続きは今夜7時全国一斉人間の『ネコの気持ち』力テストで!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコン部屋を追い出され、ふて寝するアビー

パソコン部屋を追い出され、ふて寝するアビー
それに暖房まで切られて部屋が段々寒くなってきているというのに放っておくなんて…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画【硫黄島からの手紙】

Letters_1
 先日、読み終えた本『父からの手紙』の感動の余韻が残る中、映画【硫黄島からの手紙】をようやくのこと観てきました。【父親たちの星条旗】を観た後、続けざまに昨年中に観ようと思っていたのが、あっという間に年が明け2月も中旬にさしかかろうとしています。さて、映画は戦争を扱っていますので、悲惨さは否めないのですが、栗林さんの、軍人としても、人間としても品格と威厳をもって生き抜いた姿に素直に感動しました。国のことはもちろん、何よりも家族を想い、守るために絶望的な状況の中、戦い続け、命を捧げていきました。その姿とは裏腹に、戦争というものの悲惨さは胸が痛みます。手榴弾で自ら玉砕していく光景もさることながら、大本営から半ば見捨てられたかのような荒れ果てた戦地、戦術に異を唱え不協和音が渦巻く最前線の現場、戦争になど来たくもなかったのに思想と時代に巻き込まれていった兵士と国民、情報が集まらずに混迷を深める前線および本部、それら数々の状況は覚悟の上臨んでいたこととはいえその先には死が待っていました。自らの命、そして国や家族を守り切ることができないままに死だけが確実にすぐ目の前まで迫ってきている絶望と悲しみ。戦争を起こしてはなりません。戦争や内線は今も世界の一部で繰り広げられています。戦乱の中、戦争と政治と思想の行方がどこに向かっていこうとしているのか見えなくなってしまうのかもしれませんが、すぐ目の前の死といつ消えるともわからない命の姿を目の当たりにすれば、争いをやめる道を探るべきではないでしょうか。
 それでも戦争はなくならない!? それでも人間は戦争をしているなぜ戦争は起こるのか。どうであろうと戦争はするもんじゃない。そうですよね、清水さん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ペインフル・ナンバー11

Oliver_davis03  サマンサとスティーブンスはごく普通のふたりで、ごく普通の恋をし、ごく普通の結婚をし、ごく普通の子アレックス(←左図の子・俳優)に恵まれました。でもただ一つ違っていたのは旦那がどうしようもないチンピラだったのです。
 (ちょっと待ってください。ふたりの間に生まれたのはタバサではありませんか!?)
 そうですよ、魔女のサマンサとダーリン・スティーブンスのあいだにはね。でも、先の話はER(緊急救命室)に出てくる人たちのものです。では、話を続けてもよろしいですかな。

 そのスティーブンスはろくに働くこともなく、ギャンブルの一つ競馬にはまっていて、賭けては負け、金を借りてはまた賭け、また負けて、暮らしていくのもままならない状態になっていきます。遂には危険な賭けに打って出ることになります。ドーピングによって競馬で勝つ馬が事前に判り、それに賭けることで日曜日のレースに勝ち、儲けががっぽり入ってくる月曜日を夢見ました。しかし、薬の影響が強すぎ、優勝のゴール目前でサラブレッドのモーニン’ブルー・ドラゴンは激しく転倒し、息絶え、スティーブンスの淡き夢も潰えました。それはすぐに悪夢へと変わり、自ら、そして家族を巻き込む悲劇へと発展します。旦那の浅はかなたくらみを知る由もないサマンサは自宅で家事をしている最中に突然やってきた胴元の手下に撃ち殺されます。スティーブンスも椅子に縛り付けられた状態で、頭から顔全体にすっぽりとビニル袋を被せられ、窒息死させられます。ふたりの子アレックスも人気のない荒野で始末屋に銃を突き付けられています。彼もまた殺されてしまうのでしょうか。
 (ちょっと待ってください。この話は映画【ラッキーナンバー7】における事の発端ではありませんか)
 そうですよ、名前は違っていますが、それはこの記事を奥様は魔女ふうに始めた流れでしたことです。共通することは、今にも殺されそうになっている子供がアレックス役をやっているオリバー・デイヴィス君(↑最初の画像)だということです。そしてそのシーンを最後に2度とスクリーンには現れることはありません。やっぱり殺されてしまったのでしょうか。でも、映画館の観客は(ハッ!)とします、仕事で何かの助手(ジョシュ)をしていたイレヴンがスクリーンに登場して来た時に。かっ、彼はまさに…。
 何かが起きようとしている。いつ、誰が、誰を何して、どうなっていくだぁ~~~これから先は映画館に足を運んでください。あのようなラストになっていくヒントを与えてくれる“時があった”のです、最初のシーンから始まって随所に。種明かしもわかりやすく、納得!

 一見関係のない出来事や人物が話が進んでいくうちに徐々に結びついていき、衝撃的な事実が浮き彫りにされるという手法はよく使われるものです。
 家族を捨てて、失踪した父親・伸吉から毎年の誕生にその子供たち、姉・麻美子と弟・伸吾の元に送り届けられる手紙。時折、近くまでやってきては子供らの暮らし振りを見ては、名乗り出ることも声をかけることもなく去り、手紙だけを送ってくる父親。
 腹違いの兄・和夫の自殺に関わる闇の事実を知っていた刑事・犬塚を殺して、服役を終えてきた男・圭一。出所が近くなったとき面会することがなくなった圭一を愛する女・歌子の心模様。ふたりの間に溝をつくることになった事件。なぜそうするに至ったか記憶を自分の奥底に閉じ込めて、判然としなくなってしまっている男。その事件の要因の一つになった義姉・みどりと、要因であるかもしれない謎の男の所在はいずれも不明になったまま。
 心から愛している男・信勝の会社を救うため、愛してもいない男・高津と結婚することで資金繰りの融通を計ってもらおうとする麻美子。その真意をはっきり知ることはないけれど、姉の結婚を快く思っていない弟。やがて結婚相手の男は複数の関係にあるうちの一人の女性・知世の死。続けざまにその男の死。嫌疑を掛けられた弟は逮捕。弟をそのように追い込んでしまった自分を責める姉は戸惑いながらも、弟の無実を信じ、敢然と行動を起こしていきます。
 彼ら主要な11人が伸吾の事件を契機に、それぞれの孤独とそれらと繋ぎとめようとする絆が見事に織り込まれて、展開されていき、やがて失踪した父親と自殺した兄にまつわる真相が一つに繋ぎ合わさったとき、読む者を感動の渦に引き込み、涙を溢れこぼれさせます。very sad and painful! 痛々しいほどに悲しく、切ない家族の絆と、母親とはまた違った父親の子供に対する愛情の深さが描かれた作品『父からの手紙』でした。これほど泣けたのは『盲導犬クイール』以来であり、クイール以上でした。是非!Letterf_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハリウッド・シネマ vs 日本映画

Shugosin_3
 ハリウッドがつくる【海猿】

Ghostrider
 ハリウッドがつくる【仮面ライダー】

Wa_jack
 日本映画でおくる【パイレーツ・オブ・カリビアン】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dear rudyn

Tamashii Yourheart_1 Anata

本の内容はさて置き、タイトルをメッセージに。
「あなたの心を一番守れるのはあなた。次に僕。あなたがいなくなってしまわぬように、あなたの魂を大切に」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グッドモーニング エブリバディ

グッドモーニング エブリバディ
今朝もズバッと挟まっているところをズームイン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »