« キツネを燃やすネコ | トップページ | あなたはダリですか? »

初めての献血

 昨日(25日)、初めて献血をしました。環境をめぐることについて学び始め、自分の品格を高めることが暮らしやすい環境づくりにつながると感じている日々。環境を壊しつつあるのが人類中心の考動であるという現実とともに、それに歯止めをかけ、良くしていこうとするのもまた人類が主導していかなければ始まらない事実を見つめ、こうした気持ちを抱く人とその和を広げることがまた環境づくりにつながっていくであろうと思っています。人のために、命のために、環境のためにできることは何かと、まずは普段の生活の中で節約できる資源はその無駄遣いを少なくしていこうという心がけをもち、次いでクリック募金を始め、(今度、献血の呼びかけに遭遇したらやってみよう)と思っていました。そうした折、仕事明けに街中を歩いていると、上体を深々と90度に曲げて献血の呼びかけをしている人を見かけました。足早にその人の脇を流れすぎる人の波。それでも繰り返し呼びかけ、深く頭を垂れるスタッフ。(頑張っている人がいるなぁ)と少しの間、その姿を見ていました。(よしっ!)と心の中でつぶやき、自分で決めていたことだしと僕は献血センターへと向かっていきました。それでも入口でちょっとためらい、立ち止まってしまいました。スタッフの視線から外れる位置から中を見ると、意外に多くの人がやってきていることを知りました。(みんな、えらいなぁ)と奮起しなおし、止まった足をまた一歩踏み出しました。
「こんにちは。ご協力ありがとうございます。前回はいつぐらいになさいましたか?」
「いえ、はじめてです」
 と挨拶を交わし、手続きが進められました。これが結構手間がかかるんですね。初めてだったからなのか、通常の手続きなのかわかりませんが、いろいろと書類を書かされます。まぁそれはそれで楽しんでやりました。
「それでは順番にお呼びしますので、ジュースやお菓子を召し上がってお待ちください」
 僕は驚きました。今まで思っていたのは献血の後に甘いものをいただいて、終わりというものだったので、行う前に食べちゃっていいものかと迷いました。戸惑っているのが伝わったのかスタッフがドーナツを持ってきてくれました。その日は睡眠時間4時間で起き、朝食を6時30分に済ませ、仕事を済ませ、会社を出て、昼ご飯を食べずに過ごしていた13時30分に献血を思い立ち、その流れで手続きを進めていたのでお腹は空いていたんです。待ち時間も少しかかるようだったこともあり、ドーナツをいただきました。見渡すと、センター内にはクッキーやらアイスやらジュースやら冷水機やらガチャガチャまで置いてあり、すべて無料でした。待合室の皆さんはしっかりお召し上がりになり、整然と待っていらっしゃいました。僕の順番が来て、問診を受けました。
「海外旅行に行かれたということですが、どちらにどれくらいいらっしゃいました?」
「えぇとウィーンです。えぇと5日間くらいだったと思います(←忘れとるがな、結婚旅行のことを…)」
 そんな会話をいくつかした後、検査採血に回りました。
「大量の血を見て、気分が悪くなったことがありますか?」
「はい、あります」
「どんな時でしたか?」
「すぐ隣にいた同僚がカッターで手を切りまして、テーブルが血に染まった時です」
「健康診断で採血されるときに気分が悪くなったことはありますか?」
「それはないです。その様子をしっかり見ているようにしています」
「大丈夫そうですね」
 また少し待ち時間ができ、何度も何度も水分やお菓子を召し上がってくださいねと繰り返し言われたのと、お腹と喉が欲していたのとでクッキー2枚とジュース1杯、冷水2杯をいただき、トイレを済ませて最終待合室に戻りました。
「Rhymeさんですか? ではお願いします」
 とりかかろうとするスタッフ。
「手、冷たいですね。冷え症なんですか? 大変ですね。ちょっと待っててください」
 すると、温水が入った小さなパックを持ってきて、手に握らせてくれました。採血が始まって、もう一方の手にも温水パックをもたせてくれました。両手の先から温かさが伝わってきます、(あったかいぃ…)。足先の冷えは自分でもよくわかるのですが、手の冷えは足ほどには意識できていないことを知りました。スタッフの話し振りからすると相当冷たく感じたようです。なんだか気恥ずかしくなりました、(俺はそんなに冷えているのか)と。約20分弱して採血が終わりました。
「少なくても10分はゆっくり休んでお帰りください。水分をたくさんとってください。ありがとうございました」
 初めての献血が終わりました。またクッキーを食べ、ハーゲンダッツアイスを食べ、ガチャガチャをやって、休んだ後、身支度を整え、センターを後にしました。十分楽しい体験だったのと、終わってホッとしたのとで無性にお腹が空き、つい最近食べそこなったカツカレーを思い出し、近くのカレーショップに飛び込んで、食べ終え、家路につきました。しばらくすれば血液の検査結果が届きます。だいぶ前にやった会社での健康診断の結果を比べるのと、最近のジョギング効果が出ているかを確かめるのが楽しみです。今後も定期的にやっていきたいと思っています、献血。寒い冬の時期は献血に訪れる人が少ないそうです。皆さんも是非!

|

« キツネを燃やすネコ | トップページ | あなたはダリですか? »

『んなか』日々暮らし随書言想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17790/13210338

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての献血:

« キツネを燃やすネコ | トップページ | あなたはダリですか? »