« 「書くもの、貸して!」 | トップページ | 映画【トゥモロー・ワールド】 »

不思議な繋がり

 “翻訳”というものに興味が湧いて、そのなんたるかということを知るために、図書館でなんとなく借りてきた、翻訳についてのエッセイ本:鴻巣友希子『翻訳のココロ』を読み終えました。読んでいくうちに覚えのあることがいくつも出てきました。その著書を持っている(でも、読んでいない)辰巳芳子さんのことや、読みかけの、ポール・オースターの本のタイトル『ティンブクトゥ』とその意味(そういうことだったのか!?)や、トルーマン・カポーティや、先日録画しておいた映画【明日に向かって撃て!】や、さわりを読んで止まってしまった本:斉須正男『調理場という戦場』や、村上春樹:訳『キャッチャー・イン・ザ・ライ』のことなど。たまたま手にした本の中に自分が興味をもっている事柄のいくつかが出てきました。この本を借りてみようと思ったのは“たまたま”ではないのではないか、なんて思えます。そしてこの繋がりがエミリー・ブロンテ『嵐が丘』への興味へと繋がっていきそうです。本は楽しい。そうこうするうちにまた違うものへと感心が沸いてきます。知りたい、読みたい! 本を読む時間はいくらあっても足りません。

|

« 「書くもの、貸して!」 | トップページ | 映画【トゥモロー・ワールド】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17790/12821328

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議な繋がり:

« 「書くもの、貸して!」 | トップページ | 映画【トゥモロー・ワールド】 »