« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

♪ニャらこのアビー♪

我が家のアビーは、おなかが減るとやって来るんです。
しっぽを立てて、やって来るんです。
ネコをかぶって、舌を出してって、
(あたしは猫です。猫のキグルミを着ているわけではありません)と言いつつ、
タラッタ、タラッタとステップを踏んで、参ります

ふと気がつけば、足元にへばりついています。
ふと気をゆるめれば、噛み付かれます。
お腹は減ってても、お腹がたっぷたっぷのニャらこがやって来るんです。

袋を開けると、やって来るんです。
四足揃えて、座ってるんです。
さっきまでスヤスヤ素敵な寝顔で眠っていたのに…。
パタポタ、ポテパタ、しっぽ振り振り

ふと気がつけば、卓の上に飛び乗っているんです。
ふと気がつくと、壁に爪を立てているんです。

年がら年中、眠ってるんです。
おなか丸出し、眠ってるんです。
プニョプニョ、クニョクニョ、プニ肉球

カリカリ2種混ぜ、ウェットはたまに
ふと気がつけば、皿の外にこぼしてるんです。
ふと気がつくと、水の中に落としてるんです。

Ab214

 アビーの何気ない日常を捉えています。替え歌のようでもあります。なので、この記事は2006年9月29日に公開したものを修正しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

16万人分の1を楽しむ

 いつもの時間に家を出て、駅に着いたら、電車が不通になっていて、いつになったら動くのかわからない状態になっていました。(まいったなぁ、テレビをつけていたんだけど、こんなの流れてなかったよなぁ)と思いつつ、気を取り直してメトロを乗り継いで会社に向かうことにしました。(そう言えば今日は一緒にいるのも嫌な人と仕事しなくちゃいけない。いっそこれ幸いと遅れて出勤して、少しでも顔を合わせる時間を少なくしよう)とたくらんだものの、やられた動脈をカバーするバイパスがうまく乗り継げてしまい、会社に着いたのは勤務開始時間7分前、ゆっくりトイレと身支度して、タイムカードを押したのが1分前、悪巧みは霧散し、腹をくくって仕事につきました。
 退社する頃には大丈夫だろうと思っていたのに、《1時間に1、2本程度の運行》とのこと。(なにそれ!)と思ったものの、その1、2本に賭けて、駅に向かいました。駅員の説明では「あと10分ほどで当駅に到着の予定です。…ですが、皆さんが電車の中に入りきれるかは何とも言えません」…(だめだこりゃ!)。振替乗車券を受け取るために並びました。ところが、皆さん、自分の順番が巡ってくるたびに「ああだ」「こうだ」と駅員に質問し、駅員もいちいちご丁寧に受け答えしているものだから、振替券だけ欲しい人たちは殺気立っていきました。遂には奪い取っていく人が出てきました。僕は紳士的に並んでいましたが、駅員が順番とは関係なく、僕とは反対側の人たちのほうへと配り始めたときにはさすがに(ムッ!)として、駅員の顔の前にでっかい手のひらをかざしてやりました。ようやく手に入れ、来た道を引き返し、振替のメトロに乗り込みます。気を取りなおした僕の中に悪ガキが暴れだしました。券には《途中下車無効》とあるものの、乗り換えるには駅を出る必要がどうしても出てきます。ならばいっそ途中下車を楽しもう、ということで久しぶりに秋葉原に行きました。電脳都市・アキハバラに行っても僕が立ち寄るのは本屋。そこで発見したのが『図書館のプロが教える〈調べるコツ〉』であり、買って来たのが『水銀虫』と『未完成の友情』であり、さらに乗り換えて、降り立った駅近くの本屋で見かけたのがアルベール・コーエンの『選ばれた女』でした。活字中毒者には振替の遠回りもなんのその、十分楽しめました。
 ようやく家に着いて、振替以上に余計時間を食ったので、とばっちりを受けたのがアビー。(遅いぞぉ。お腹、減ったぞぉ)ともうダッシュして、ドアに体当たり。早速アビーに食事を用意してあげ、自分の食事も用意しつつ、ニュースを見ていると、これまた楽しい映像【長蛇の列】。(うわぁ、こんなになっとったんかい)てな勢いの大混乱振り。出勤時に巻き込まれたとはいえ、時間帯が早かったので、混乱に遭うこともなく、すり抜けることができた自分は(ラッキーだったぁ)と、他人事のように右往左往している人たちの映像を一番絞りを片手に食い入るように見ていました。それにしてもなかなか楽しんじゃいました。
 笑えないのは、これがまた明日も続くということです。
Suigin_chu_1 Mikan_friendship

| | コメント (2) | トラックバック (0)

こんな依頼、あなたならどうする?

Reference  「亀が空を飛びたくなったので」という話は何に出ていますか?
 このような利用者からの、突拍子もないお尋ねに、図書館のプロはおそらく見事に答えているのだろうと思います。今日、立ち寄った本屋で見かけました『図書館のプロが教える〈調べるコツ〉』。本好き、図書館利用者としては手に取って見るのは必然というか、定めというか…。でも、そこで踏みとどまりました。彼らはプロ中のプロ、上には上がいることですから、単なる活字中毒な僕が出る幕はありません。図書館を利用するといっても、パソコンで検索すればお目当ての本はすぐ探し出せるし、調べ事をするといっても本を通して、書かれていることを半ば鵜呑みにしているといった程度に終わっていると過ぎません。レファレンスというコーナーやスタッフがいることは知っていても、忙しそうにしている様子や声をかけてはいけないような近寄りがたさを感じることもあり、僕自身はほとんど利用したことがありません。そうしたことをものともせず、バリバリの活用されている御仁は結構いらっしゃるのかもしれません。本書の狙いとしても「お気軽に声をかけてくださいね。調べることが大好き人間が揃っていますから」といったところにあるんじゃないでしょうか。あなたなら、何を調べていただきますか? 僕なら、どうだろうなぁ、こんなのはいかがですか?
 「アトランティス大陸はどこに、どんなふうにあったのですか?」
 「猫とはじめて仲良くなったのは本当にエジプト人ですか?」
 「ガラパゴス諸島の生物はダーウィンの頃から少しは進化しているのですか?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本『日本の猫は副詞で鳴く、イギリスの猫は動詞で鳴く』

Miyo たまたま検索でヒットした本『日本の猫は副詞で鳴く、イギリスの猫は動詞で鳴く』。日本語にまつわる話が書かれているようです。おもしろそうです。でも、図書館にも置いていないようです。タイトルになっている話の内容というのはこちら→

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これはまた別の【ミクシ】

F_method
 mixi(ミクシィ)が社会現象化して話題になったり、株価で賑わったりしていますね。今日はまた別の ミクシ (miksi)のお話です。ミクシ ― フィンランド語で「どうして? なぜ?」の意味だそうです。


 フィンランドにおいて
 子「僕、ピーマンは嫌いだな」
 母「どうして嫌いなの?」
 子「ピーマンは苦いから」
 母「どうしてピーマンは苦いと思うの?」
 子「ピーマンを食べると、口の中がごわごわと固まったようになるから」
 母「どうしてピーマンを食べて、口がごわごわするのが嫌いなの?」
 子「ピーマンを食べたあと、ジュースを飲んで、ごわごわを取ろうとしたんだけど、ジュースまで苦く感じたから」

 フィンランドでは、どうして?を繰り返し尋ねることで、まず、誰にでもわかりやすい理由を考えさせ、次に、まあまあわかりやすい理由を挙げさせ、さらに、それにまつわる体験を通して、自分だけの特別な理由を述べさせ、意見には理由があること、その理由を論理的、批判的に、つまり【①意見  ②なぜなら(理由1)  ③それに(理由2)  ④また(理由3)】のように考えさせて、そうした力を育てていくそうです。これは、原因-結果の論理に通じ、脳はさぞ鍛えられるでしょうね。

 一方、日本においては、
 子「どうして僕のご飯はパパのより少ないの?」
 父「パパより体が小さいからだよ」
 子「どうして体が小さいとご飯が少ないの?」
 父「小さい体にはたくさんのご飯は入らないだろう?」
 子「少ないご飯なのに、どうして『たくさん、食べなさい』って言うの?」
 父「……いいから、黙って食べなさい」

 日本では、子供が「どうして?」を連発することで、大人を黙らせ、やりこめられることを身をもって、体験させます。あなたは子供の「どうして?」に答えられますか? これからは子供に「どうして?」と尋ねてみてはいかがですか?J_joke

 さらに子供の「どうして?」攻撃はつづく。
 子「パパとママとでは、パパのほうが体が大きいのに、どうしてご飯の量は同じくらいなの?」
 父「パパとママとでは、胃袋の大きさはあまり変わらないからだよ」
 子「ママ、ダイエットしなきゃね」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あなたには何が3つあれば…

Nomineko 僕には、
 アビーと本と一番絞りがあれば、今日も明日も大丈夫!

 妻には、
 アビーとソファとマンガがあれば、今日も明日も大丈夫!
 それに、ベッドとチェストと携帯とキャットタワーとスリムなボディと…
 僕「よ、欲張りすぎです…3つに絞ってください」
 妻「じゃあ、アビーとベッドとスリムなボディがあれば…」
 僕「あとの2つは無理です」
 妻「ガックシ(T_T)」

 アビーには、
 安心して眠れる所と、僕たちを見下ろせる高い所と、サイエンス・ダイエットがあれば、今日も明日も大丈夫!
 アビー「それに子分が1匹欲しいですニャ」
 僕   「えっ、お友達じゃなくて、子分ですか?」
 アビー「だって、あたしは姉御でしょ!」
 僕   「確かにきれいなお姉さんかもしれませんけれど…」
 アビー「ぐたぐた言ってないで、連れてらっしゃい」
 僕   「あのぉ、おととい、ソファを買いに行ったばかりなもので…」
 アビー「あっ、そっ! ソファがどうなっても知らないよ」
 妻   「そ、それだけはどうか…ご容赦くださいませ」

 つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本『フェルメール全点踏破の旅』

Falmost フェルメールのファンにとってはコンパクトで、いい本が出ました。全37点全部を現地に観に行ってしまおうという企画。結局、旅では全点を踏破することはできなかったようですが、紙上では踏破できています。新書ですからそんなに大きな画像を望むべくもないのですが、紙質がいいので絵はきれいにおさまっています。僕自身は、37分の5、6点くらいを踏破していると思います。いずれも日本での展覧会でのことなので、実際に所蔵されている美術館に足を運んでのことではありません。そういうことは時間とお金と気持ちに余裕がないとできません。もしも僕がそうしたものを持ち合わせているなら、【レオナルド・ダ・ヴィンチの足跡を訪ねて】チャレンジしてみたいですね。生誕の地ヴィンチ村から始まって、ミラノやフィレンツェなどダ・ヴィンチが過ごした土地を同じ順番で巡り、過ごした同じ割合の時間をそこで滞在し、最期の場所まで旅するのです。まずは、フェルメール全点踏破をもくろんだ、おいしい企画にチャレンジした出版社と著者の記録を芸術の秋の今、味わってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本『シャッター・アイランド』

Shutter_island 『ハマースミスのうじ虫』ですっかり気をよくした僕はちょっと凝った本を狙ってみたくなりました。そんな時に本屋でこの『シャッター・アイランド』を見かけました。驚天動地な結末という触れ込みに興味がそそられましたが、賛否両論分かれるかもしれないというところに胡散臭さを感じて、買うには至りませんでした。文庫になった出発売になったということは単行本だったこともあるかと思い、検索したら、図書館で“貸し出し可”とあったので、早速借りに行きました。今日、読み始めて、あっという間に読み終えたのですが、(ふぅ~ん)って感じにとどまりました。設定は凝っていると思いますが、本書では、映画『アイデンティティ』で感じたほどの意外性と面白みをそれほど面白いとは感じませんでした。ちょっとはずしたので、次は『ハマースミス』同様、“伝説の”とうたっていた『停まった足音』に期待しています。図書館で予約待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レディーメイドの、心構えと素材の見極め

150cm_life  異性との出会いにおいて、最初の印象が良くなければ(たとえば服装などの外見や、言葉や態度から感じる気質)、その後も進展することなく終わってしまうというのは、おそらく概ね当たっているのではないでしょうか。僕とレディーメイドハニーとは外見の情報は 0:ゼロ から始まりました。まして自分にとっての王子様か姫様になるとか、その片鱗があるとかないとか、そのように育てるとか育てないとか、何も考えていなかったでしょう。ただ相手が知らないところで勝手に育て始めていたかもしれません。やがてその試作…試育したものと実際のレディーメイドがどの程度の違いがあるかを照らし合わせてみたくなります。そのことで意見の一致をみて、閲覧会を開くに至ります。僕の、ハニーの印象は“本当にコンパクトだ”というものでした。追々知ることになる、150センチライフを地で行く人だとは想像すらできませんでした。ハニーの、僕の印象は、のちのち本人から聞いたところによれば、“思い描いていた通り”だったとのことです。そのように言ったことを今、改めて問えば、「記憶にございません」と言うかもしれません。その後、王子様の片鱗があるから育ててみようとか、想像通りだからレディーメイドでいいかとか思ったかどうかは知りませんが、どうやらお互いに王子様(ダーリン)と姫様(ハニー)となりました。おそらくカスタマイズしようというつもりもなかったと思います。レディーメイドのまま素材を味わい、時には少しアレンジすれば、十分ハッピーでいられると思ったのでしょう。僕がハニーをカスタマイズしようにもB型ですから、一筋縄では行かないでしょうし、カスタマイズされることなど想定していないはずです。詳しい内容はわかりませんが、本『オーダーメイドダーリン』では、相手にカスタマイズしている気配を感じさせることなく、極々自然に王子様に育てていくようです。それにしてもその片鱗やかけらもないところから育て上げるのは至難の技でしょう。その苦労のし甲斐はあるかもしれませんが、それ以前に素材の良し悪しを見極める力をつけていないことにはお話にならないと思います。まずは素材第一であり、そこから育てる力量にもよりますが、オーダーメイドにしろレディーメイドにしろ、素敵なもの(ダーリンやハニー)は“在り得ない”ことでしょう。
 以上、MIMIさんへのコメントにかえて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本『ハマースミスのうじ虫』

Maggot  物語は静かに、そして内なる熱さを秘めて、進んでいきます。

 あなたは探し出せるでしょうか? 街に暮らす、外見上特に特徴のない、印象の薄い人間のことを…。本書『ハマースミスのうじ虫』の主人公キャソンは、そのような人物を、いや、虫を冷静に、うまく見つけ出し、叩き潰そうと試みます。キャソンが相手にする、ちょっと聞こえは悪いですが、まさにうじ虫といっていいほどのその人物は用意周到な仕掛けで善良な市民をゆすり、絶望の淵に落とし続けていたのです。そのやり口とは、自分の没個性を逆手にとって、大胆に、かつ地味に人を恐喝し、まんまと金をせしめていくのです。相手には根も葉もない、しかも相手が反証しづらい弱みに付け込んで、追い詰めていきます。裁判に訴えられてもお構いなしと嘯き、たとえ逮捕されても告訴を取り下げるつもりもなく、自分の言っていることが嘘だと証明できなければ、あらぬ噂が広まる一方で、悪いイメージが人の記憶に残り、社会的立場がよからぬ方向に進むだけだとのうのうと告げてきます。そしてぬけぬけと「犯罪は同じことを繰り返すから捕まるのであって、私は二度と同じカモは狙わない。だからあなたはこの一度きり私のいうことを聞けば、心配無用だ」と一度きりしかゆすらないという念の入れようです。あなたがそのような立場に立たされたら、どうするでしょう。もし今すでにそうなっているとしたら、ごめんなさい、私はキャソンではありません。救いの手を差し伸べることはできません。しかし、キャソンはそのことを知るや、彼の、一風変わった趣味、人間狩り・犯人探しを始めるのです。キャソンは、悪い虫…奴に引けを取らない、冷静沈着で、我慢強い、熱き義憤が備わった行動で着実に、奴…虫を捕らえていくのです。それは一対一、さしの勝負、心理戦で、展開は決してスピード感があるわけではないのですが、ぐいぐいと引き込まれていき、一気に読み進めることができます。その駆け引き、その段取りと事の進め方ひとつひとつをぜひ味わっていただきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本『3つの法則が億を稼ぐ』

3okukasegu パッと見、『3億稼ぐ法則』と読んでしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レディーメイドハニー

Ordermadedarlin 高望みが過ぎるのか、質が落ちているのか、なかなか王子様に出会えない方も多いようです。そうは言いつつ、巷ではいかがわしいのやら、ハンカチ王子やら結構いそうな気もするのですが…結局、自分好みの王子は見つからないということらしく、それならばいっそ育ててしまえというのがこの本の主旨らしいです。可愛い表紙とタイトルに惹かれて、本屋でペラペラしてみました。
 僕が王子かはさて置き、我が家にはレディーメイドハニーがおります。ダーリンの対はハニーだろう、と思いつつ書いてみましたが、書きながらも気恥ずかしくなりますこの、ハニー。欧米人ならすんなり“スウィート・ハニー”と呼んで、様になるものの、和の国ではどうもしっくりいきません。でも、レディーメイドワイフではインパクトと面白みが薄い感じがしますから、ここはハニーとしておきましょう。僕がハニーと出会ったときにはすでにハニーは出来上がっていました(レディーメイド)。しかもしっかりとしたB型で(血液型)。何かと話題騒然となるB型で、ご多分に漏れずハニーもなかなかのつわものです。常日頃、忙しく働いているハニーは朝早く家を出ては、深夜に帰ってくるという日々が続いています。家に着く頃にはへとへとのはずなのです。実際にへとへとなので、バタンキューということもしばしばです。ある日、休もうと布団に入って間もなく、ハニーの持ち物からメロディが流れてきました。ゲーム機からでした。疲れて、眠いにもかかわらず、飛び起きて、「あっ、そうだ、23時50分に約束していたんだ」とやおら起き出して、動物の森へと入っていきました。寝ぼけ眼ながら懸命にちょこまかボタンを操作している姿を見て、思わず笑ってしまいました。またある時には何かと忙しい朝の時間帯に約束して、より一層バタバタが激しくなる中、「この時間じゃなきゃ、ダメだったの」と訳のわからないことを口走りながら、ピコピコやっておりました。このようにレディーメイドされたハニー(ワイフ)を過ごすのもまた、すべて注文通りのオーダーメイドハニーより面白みは数段上かもしれません。まぁ、時にはカスタマイズしたい場合もありますが…。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

猫のアビーはきれいなお猫さん

Ab218
「きれいな猫背は、好きですか?」 by アビー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

異文化体験:コミック

 秋に入ったにもかかわらず、低調気味の読書。気分を変えて、久しぶりにマンガを読んでみる。妻がマンガ好きなので、時々、その異文化を味わってみようと思うのです。お目当ての物は一切なく、店頭で面白そうなキャラやタッチを見つけて、思い切って買ってみるのです。今回選んだのはこの2つ。
Centzon_2 Monju
 『センツォン…』は表紙が地味なので一層中身に期待感が膨らんで選んだのですが、別にある本編!?のサイドストーリー!?ということで、訳がわからないうちに終わってしまいました。一方、『モンジュ』は優秀な犯罪摘発ロボットのモンジュが 訳あって、田舎の派出所に飛ばされて、ぐちぐち愚痴をこぼしながらも、ほのぼのとした騒動を解決していくというお話。平々凡々な毎日を会社への愚痴をこぼしたくなる思いを胸に秘め、そこそこ働いている僕と合い通じるものを感じて、面白かった。今度はいつになるかわからないけれど、たまには普段読みなれていないジャンルに挑戦するのも楽しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫のアビー、やっぱり隅が好き!

Ab171 Ab165 Ab159_1
 なぜかこの隅が好きなアビー。昼間はともかく、夜には布団が敷かれるといかにも窮屈な感じ。「それがいいんだニャ」と言いそうなアビーだが、見ていると寝返りはやっぱりやりづらそうだ。もう一つここを好む理由を考えるなら、朝、お腹が減って、ご飯を要求する際に僕の足をカプッッとするのに最短の距離に位置しているということだろう。そして僕がの端に避けて空いた布団の中央に踊り出て、ホリホリを始める。そんなところにご飯を隠した覚えはアビーにもないはずなのに…。寝ぼけ眼のところ、アビーの強まる要求にたまりかね、もぞもぞと起きて、ご飯の用意をしてあげる。サイエンス・ダイエットの大粒タイプとアイムスのブレンド・カリカリを盛ってあげる。相変わらず噛み応えのある大粒を先に食べ、あまり好きではないアイムスをちょこっと喰いしつつ、お腹を満たしていく。アビー、もうじき、アイムスがなくなるから我慢して、食べてくれ。そして新しいのも毛嫌いしないで食べてくれよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソファ『ゆれる』


 人の気持ちというものは“ゆれる”ものです。この絵が意味することは、我が家にソファがやってくるというものなのか、我が家からソファが去っていくというものなのか。はたしてソファは本当に必要なものなのか。
 チャンスには後ろ髪がないと言います。(買うぞ!)という前髪な気持ちになっているときに、「疲れたぁ」とか「具合がいまいち」とか後ろ髪なことを言っているうちに、せっかくのチャンスを失ってしまうこともあります。もう失っているかもしれません。しばらくは沈静化する見通しです。
 あるいはこの絵は新しい車への、ほんの小さな願望の芽なのかもしれません。それにしても隣に乗っているのが猫のアビーではなく、犬になっている…。アビーの弟分は犬、になるかもしれない…そんなはずは、ない。Yureru

| | コメント (2) | トラックバック (0)

猫のアビー「あなたは誰ですか?」

Ab206
 アビー「あなたは誰ですか?」
 ワンコ「僕はあなたと同様、眠り犬です」


Ab207
 アビー「あなたは誰ですか?」
 アシカ「私はアシカです」


Ab208
 アビー「何か背負っていますね」
 アシカ「カメの着ぐるみを着ているんです」


Ab209  アビー 「あなたは誰ですか?」
 トナカイ「トナカイです。クリスマスに向け、身体を鍛えなおしているところです」
 アビー 「あたしにはどんな贈り物をお考えですか?」
 トナカイ「あなたの弟分なんていかがですか?」
 アビー 「その子のこと、噛んでもいいですか?」
 トナカイ「甘噛みならいいと思いますが、あなたはつい本気になると聞いています」
 アビー 「誰がそんなこと、言っていましたか?」
 トナカイ「あなたが“あたしの人間”と呼んでいる方たちです」
 アビー 「口が軽くて困ります、あの人たち…」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫のアビー、大好きな枕トンネル

Ab202 アビーは毎朝、朝食を終えると布団を片付けるまでの間、ふたつの枕で三角に作ってあげるトンネルをくぐり抜けて、遊びます。今は体格がよくなってきたのと力が強くなったこともあり、1、2度くぐり抜けるとトンネルは壊れてしまいます。そのたびに組み立ててあげるのは面倒なのですが、元気よく飛び込んでいく様子に、忙しい時間帯ながらもつき合っています。
「あまりの嬉しさに瞳が輝いているわけではありませんニャ。フラッシュが眩しいだけですニャ」と言いつつ、何度も飛び込んでいきます。


 残念ながら、動画をきちんとした向きにするテクニックがありませんので、横向きのまま失礼します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫のアビー「元気になったニャ!」

Ab201
「元気になったニャ! これからは食欲の秋を満喫するのニャ。カリカリばっかじゃなくて、鮭、一本持ってきてニャ」

| | コメント (6) | トラックバック (0)

猫のアビー:体調不良!?

 アビーが少し元気も食欲もない。一緒に暮らしてから初めて!?とも言える体調不良に思える。食事の途中、カリカリ5、6粒をほぼ原型のまま!?吐き出していること、その1度きりということからそれほど深刻な様子ではないと感じている。もう少し様子をみることにする。

その他メモ
 ・ガスレンジカバーが大きく切り取られている部分がある。飲み込んだか!?
 ・目に力が入っていない感じがする。
 ・朝5時に食事の催促をしなかった。
 ・これまでにはない超ちょこっと食い。
 ・尿の量が少ない気がするらしい(by 妻)
 ・様子をみようと抱き上げたあと、僕の両手の肘内側に広範囲にアレルギー反応。ダニなどの影響が体調不良につながっているのか!? 身体を痒がっている様子はない。

今後の様子見
 ・食欲不振(低下)が72時間以上続くならば病院に行ってください:ちょこっと食いとはいえ、食事は摂っているので少し安心。
 ・嘔吐というより吐き出しなので少し安心。

日本臨床獣医学フォーラム
■病院に行くかどうかの判断(1つでもあれば獣医師に相談を)

  1. 激しく吐いている : 軽く吐いた
  2. 何回も吐く : 1度きり
  3. 元気と食欲もない : いつもよりはない
  4. 吐く動作だけだがそれが頻繁で元気もない : 吐く動作はしない
  5. 吐いたものに血が多く混じっている : ない
  6. 脱水して皮膚に張りがなく目がくぼむ : 目に力がない
  7. 毎日1回でも数日以上続く : ない
  8. 吐いていて徐々にやせてきた : ない
  9. 虫を吐いている : ない
  10. 中毒の可能性がある : ないと思う。

■「猫が吐く」チェックリスト-病院で聞かれたら答えられますか?

  1. 本当に吐くのか,吐く動作だけか? : 吐いた
  2. 吐く場合に,まずゲーゲーしてから,あるいはおなかが収縮してから吐くか? : おそらく後者
  3. 吐く前によだれが出るか? : ない
  4. せきはあるか?せきの後にゲーゲーするのか,あるいは吐くのか? : 咳はない
  5. 食べたものを未消化の形で苦しみもなくすんなり吐くのか? : はい
  6. どんなものを吐くのか?食事そのものか,液体か? : 食事そのもの
  7. 食後すぐに吐くのか?食事と関係なしに吐くのか? : 食後すぐ
  8. 血は混じっているか? : ない
  9. どんな色がついているか? : カリカリがほぼそのもの
  10. ひものような白い虫はいないか? : ない
  11. 毛玉を吐いているのか? : ない
  12. 1日に何回吐くのか? : ない。1度きり
  13. いつから始まってどのくらい続いているのか? : 2006年9月9日19時過ぎに1度きり
  14. 下痢その他の胃腸症状は? : 下痢していない
  15. おなかが痛くてうずくまっている様子か? : よくわからない
  16. このごろ水をがぶのみしたり尿が多くないか? : 逆に少ない気もする
  17. 食欲や元気は?うずくまっているか? : 食欲、元気ともに落ち込んでいる。うずくまるというより寝っ転がっている。
  18. 皮膚をつまんで元にすぐ戻るか?戻らなければ脱水している。 : 問題ないと思う。
  19. 口の中に何かないか?舌の下側に紐はからまっていないか? : ない
  20. 何か変なものは食べなかったか?食事は変えていないか? : 疑わしいのはガスレンジのカバー。粗品のシーバが合わなかったのかも。
  21. 行動に異常はないか? : ない
  22. ストレスや恐怖はないか? : 人のベルトが振り子状に顔か頭に当たってしまったらしい。

 参考記事:日本臨床獣医学フォーラム【猫の病気:症状別:消化器系の問題:食欲不振~嘔吐】

| | コメント (4) | トラックバック (0)

僕らの『悲しいときー!』

僕「悲しいときー!」
妻「悲しいときー!」
僕「一大決心で買ったソファが配送された昨日、廊下を通らず、玄関先で返品を決めたときー!」
妻「………(悲しすぎて、言葉になりません。本当は同じことを繰り返し言う筈なんですが…」

 妻の憧れだったイーサン・ホーク、じゃなく、イーサン・アーレンよ、さようなら!

 ♪さよなら、さよなら、さよなら、もうすぐそこに広い居間。入ったのは確かにEV(=エレベーター)だけ。それにつづく通路だけ。
 ♪外は今日は晴れ、ふいに雨になって、僕らの心の中で降り続くだろう、降り続くだろう

 『グッド・ソファを追え!』『座りごこち・ゲーム』に続き、イーサン・アーレンの崇拝者、妻ルディンの悲劇を描いた大型ソファ・シリーズの第3弾『すぐ、そこにあるソファ』。購入先は大塚家具。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫のアビー、床で大車輪もどき

Ab180 Ab179 アビーです。柱を鉄棒に見立てて、大車輪をやっているわけではありません。床に寝そべって、伸びをしているだけです。眠って暮らせる生活は至極幸せですが、時々伸びをしないと、さすがの猫族とはいえ体が凝ってしまいます。柱を実にしてやると、肩がうまい具合に抜けて、とても心地よいのです。支えになってくれているという妙な安心感があるのもいいです。さて、全身がほぐれてきたので、また一休みしようと思います。おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Nyahoo! 本

With_cats  飛びついて、買ってしまいそうな予感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫のアビーの虚ろな眼差し

Ab199 Ab197 Ab198_1




 アビーです。お夕飯が終わって、まったりしているところです。囲まれた鏡に映る自分を見て、うっとりもします。まったりもできるし、うっとりもできる、この場所が大好きです。お腹いっぱいで、ウトウトしているんですが、せっかく写真を撮ってくれているので、バッチリ!カメラ目線を一枚、サービスショットさせてあげています。やっぱりどこか虚ろでしょうか? 今の気分はどうにもたまらなく幸せです。もうすぐお魚の夢を見て、幸せを極めたいと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

猫のアビー、今日の抱き壁

Ab192  アビーです。今日は浴室のドア脇のクローゼットの下にくっついてみました。柱の位置関係がちょうど手足を引っ掛けられて、具合がいいのです。あたしの人間たちは枕を抱えて眠っていて、私はいつも壁を抱いて眠っています。少しクールで、頼りがいがあって、時々引っ掻いても文句は言いません。ただ、人間たちは悲鳴をあげます。それがまた楽しいのです、あたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マニシュマ?」のこころ

 “聴く”という言葉は、耳と十四の心できくというように教わったことがあります。また、違う分解の仕方をして、耳と〈横になった目〉の心できく、というのもあるらしい。ただ、これには“十”の部分がなく、不“十”分のような気がします。単に“十”の説明を付け加え忘れたとして、耳と十個の〈横になった目〉の心できく、と言い換えてもいいのだけれど、要するに相手と向き合って、顔なり目なりを見て、相手の思いを受け取る気構えできくということが大切なのでしょう。さらに、聴くという言葉の旧い書き方は“聽く”ということらしく、これはまたすごくて、耳を王様にして、十四の心を一つにしてきくということになります。少し引っかかるのは、四と〈横になった目〉とは別物だと聞いたことがあるので、十の下に〈横になった目〉を十四とするのは不自然なのかもしれません。むしろ十の目を一つの心の中にもって聞く、としたほうがいいかもしれないですね。“目”という字は横にしたほうがより目(=眼)のカンジ(感じ・漢字)が出て、いいような気がします。“聴く”という語源にはまた、耳と直と心が合わさった文字とする説があるとのこと(藤堂明保『漢字語源辞典』より)。つまり、耳が真っ直ぐに音を聞き取る、心がズバリと物事に届くというところから、「耳を澄まして聴く」「相手の思いを心で受け止める」ということになるらしい。辞典になっているのだからこういう説もありなのだろうけれど、“直”の字の L 部分がどこかに行ってしまっているのが気になるといえば気になります。それを除けば、いい漢字、すなわち“直”を見つけたものだと感心するしだいです。
 “聴く”というのは、“きく”側の視点に立ったものですが、これを話す側に移してみると、また違った発見が生まれてくるようです。話を聴かせたい、聴いていただきたいと思うならば、「お前が話しているのではない―相手が聴いているのだ」という心構えをもったらどうかということです。要するに、自分が何をどう語るかと悩むのではなく、相手がこちらの話を聴いている事実だけを念頭に置くことで、おのずと話す内容や話し方に工夫が生まれ、話がわかりやすくなり、きちんと、うまく相手に話が伝わっていくということにつながるのでしょう。とても面白い、有意義な“目”線だと思います。「お元気ですか?」と意訳される「マニシュマ?」というヘブライ語の挨拶があるそうです。直訳すると、「何が(=マ)聞かれますか(=ニシュマ)?」ということから「あなたから何が聞けますか?」ということになるという話です。普段、人の話を聴いているかと言われたら、聞いていますと言えればまだいいほうで、時には上の空になっていて、聞いていないということも多々あります。「マニシュマ?」の精神を「お帰りなさい」や「いただきます」という挨拶に込めて、テレビの雑音をつけることなく、夫婦や家族の間で話をし、話を聴くことがより多くなれば安らかな日が送れるのでしょう。
 「シャローム(=今日は:こんにちは)! マニシュマ?」
 あなたは今日、誰からどんな話を聴きますか?

 引用・参考文献『春秋』の、前島誠【不在の神は〈聴〉の中に】より

Fuzai_kami For_self

 これらの本も読んでみたくなりました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

猫のアビー、アザラシになってみる

Ab159 猫のアビーはこの夏、夜休むときにこの角、隅っこに眠るのがお気に入りになったようです。時にLの字、I の字で眠りつつ、時折寝返りを打って、またLの字。寝苦しくないのだろうかと心配するくらい逆えび固めのLの字になっているときもありました。自らやっていることなので放っておきました。

Ab188  今日のお昼寝は I の字になっていました。しっぽは逆?字、前足は幽霊型、頭はまさに“頭打ち”状態、当然首は回らない。写真を撮ろうと近づいても一向に起きる様子がありません。まったく呆れてしまいます。思わずパチリ! これほどまでに壁が冷たく感じるのでしょうか? 何かに触れていたほうが休まるのでしょうか? 妻はこの寝姿を見て、「アザラシのようだ」と形容しておりました。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

本棚のお荷物!?

Earth_men_1

 太陽系の惑星ではない冥王星から500光年離れた惑星トーカに住んでいるテディ・ベアそっくりのホーカ人のお話とのこと。
「おもしろそう!」と思ったけれど、飛びついて買うまでには至らなかった。あやうくかわゆい表紙を見て、買いそうになってしまった。なんでも天真爛漫で想像力豊か、でもって、ありとあらゆるものを物まねし始めて騒動が繰り広げられるらしい。このホーカ人のことを竹中直人だと思い浮かべて読むのも楽しそう。竹中さんの、笑いながら怒る人はサイコーだもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どこにもない僕が今、ここに

nowhere どこにもない、何もかも、僕も…。
僕はどこからやって来た? どこから?
わかってる、どこからともなく現れたんだ。
わかっていない、本当はどこにもない場所だけだったんだ。
わかっているつもり!? そう言っても何ら役に立たない。
どうしようもない、くだらない。
やがて僕は名もなきものから名を授けられた者となった。
「どこへ行くの?」「どこへも…」
わかっていない、わかってる、わかっているつもり!?
堂堂巡りだ。何ら進展が見られない、何の成果も得られない。
名は授けられたけれど、名が知れるには程遠い。
どこにでもある場所の、どこにでもいる者。
わかってる、わかっているつもり!?、わかっていない。
そう、わかっていない、僕は僕だ。
そう、わかってる、僕は僕だ。僕は今、ここにいる。
「わかっていない」「わかっているつもりだ!」
「そう、わかってる、僕以外誰でもない僕
今、ここにいる … now here 」

**************************************
7daysinbali 「Nowhere? どこでもないところ、ということですか?」
「そう思ってました。でも、この単語ってよく見ると、now hereでもあるんですね。今、ここ。
 なんだか、ミツコがこの曲を私に作ってくれた意味が、バリに来てわかったような気がしたの。どこでもない、でも、今ここ、なんです。今この瞬間はどこでもないんです。ただ移動しているだけ。でも、いま、ここ、なんです」

   田口ランディ『 7days in BALI 』より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »