« それはまた別の『ダ・ヴィンチ・コード』 | トップページ | 神様への供え物となる »

贅沢な空間で贅沢な時間

Shio5 さて、新橋に着きました。
 ロイヤルパーク汐留はどっちでしょう? あっちです⇒
 はい、ありがとうございます。てくてく…。
 先日の六本木に続いて、汐留おのぼり隊になりました(6月24日)。

Shio6 はい、着きました。で、フロントはどこでしょう?
 24階です。上がりましょう!



Shio9 1階のオフジェです。







Shio33 手続きを済ませ、廊下を過ぎると僕らの部屋がありました。タイプはコーナーデラックスツイン。






Shio8 扉を抜けると額絵がありました。







Shio7 少し進むと鏡とやさしい灯り。







Shio42 東京タワーを望む眺望。







Shio45 コンラッド側の眺望。







Shio47 アメニティセットはひと通り揃っています。







Shio48 リステリンもあります。







Shio49 「鏡よ、鏡。年に1度の贅沢な時間をありがとう」







Shio37 満喫した時の流れを想い出にかえる夢の世界へ。




Shio17 さぁ

|

« それはまた別の『ダ・ヴィンチ・コード』 | トップページ | 神様への供え物となる »

『んなか』日々暮らし随書言想」カテゴリの記事

コメント

きゃー!素敵ですぅ。そしてバスルームなんかそっくりだし!もしかして結婚記念日ですか?
東京の方が同じ東京のホテルのお泊まりになるなんて、ものすごい贅沢か、そうじゃないならものすごいあやしい・・と思うわたしはおかしい?

投稿: ベルリン | 2006年6月26日 (月) 02時25分

 コメント、ありがとうございます。
 はい、年に一度の結婚記念日です。2度あっては困りますが…。
 ベルリンさんのコンラッドの写真を見てビックリ! 洗面の鏡の感じはうりふたつ! あやしい…とはいえ、時は1週間ずれているし、場所は数百メートル離れているし、ベルリンさんと僕はまぎれもなく別々の空間で贅沢な時間を過ごしたのです。

投稿: Rhyme(らいむ) | 2006年6月27日 (火) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 贅沢な空間で贅沢な時間:

« それはまた別の『ダ・ヴィンチ・コード』 | トップページ | 神様への供え物となる »