« オーラの泉 | トップページ | 猫のアビーと留守番役を交替する »

猫に見習うライフ・バランス

 要するに、より有意義に暮らしていくにはバランスを取りつづけることが肝要なのだ。それが崩れてしまいそうになるのを察知するバランス感覚も必要だ。あふれる情報やモノの中でどうやってこうしたことを継続してやっていけるか!?  「家族」「自分自身」「仕事」の3つの側面から価値観とビジョンを明確にしていく必要がある。
 今、あなた自身、これらのバランスは取れていますか? 仕事に時間を取られていますか? 家族とのふれあいを大切にしていますか? 自分一人の時間をもてていますか? これらのことを顧みて、気持ちの中にしっくりといかない何かを感じているなら、おそらくバランスが崩れているのだと思います。そしてその要因はあなた自身の中にこそあるということもまた真実です。心のもちようだと思います。

参照:キャット・バランス
 1.内耳(前庭と三半規管)
 2.目の中
 3.しっぽとひげ
 前庭で直線方向の動きや重力、遠心力を、三半規管で回転運動を感知しているそうです。これらの神経が伝わるとともに、目にも情報が伝わり、猫が自分の体の数倍の高さまで飛び上がることができたり、うまく体を回転させながら無傷で着地したりすることができるそうです。

|

« オーラの泉 | トップページ | 猫のアビーと留守番役を交替する »

『んなか』日々暮らし随書言想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猫に見習うライフ・バランス:

« オーラの泉 | トップページ | 猫のアビーと留守番役を交替する »