« 本『風の谷の約束』 | トップページ | 「シャム猫ココ」シリーズ・番外編 »

ステレオの上のフクロウ

fukurou 梟:夜の狩人。梟は夜間に狩りをするのに適応した夜行性の猛禽である。ぎざぎざの切れ目のある羽は飛翔する際に音をたてず、大きな目と耳は聴覚による狩りの役に立つ。昼間は眠っているが、夕闇の訪れとともに活発になり、狩りを開始する。
 梟は人間の耳より十倍も小さな音を聞きとれる発達した耳を持っている。完全な暗闇のなかでも、梟は聴覚によって獲物のありかを知ることができる。
                MIRA文庫『風の谷の約束』より

 僕んちのフクロウはステレオの上で家族5羽仲良く並んで過ごしている。みんなの前に立って、大きな目を見開き、部屋の中を見ている。少しの異変も見逃さないぞと言わんばかりに見つめている。その彼らの一番後ろではウルトラの父がしんがりを務めて守っている。その間に、アラレちゃん、ピーターラビットとベンジャミン、ケンケンにブタさん蚊遣器、オームにカメに豆猫ちゃん。大勢いて、とても賑やかなステレオの上。こうしたこまい物を並べておくと、埃を取るのに難儀する(これを“拭く労”ともいう!?)。今年も早、年満月。年の暮れにはきれいにしてあげようっと。雑貨好きの僕のうちの大掃除は大変だぁ。

|

« 本『風の谷の約束』 | トップページ | 「シャム猫ココ」シリーズ・番外編 »

『んなか』日々暮らし随書言想」カテゴリの記事

コメント

らいむさんトラバありがとうございます。
五羽のフクロウたちちゃんと睨みを効かしてますね(笑
我が家も小物でいっぱいです。拭く労?面白い~

投稿: みい | 2005年12月 2日 (金) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ステレオの上のフクロウ:

« 本『風の谷の約束』 | トップページ | 「シャム猫ココ」シリーズ・番外編 »