« デトックス:ゲルマボール(珍品啓上) | トップページ | 一年の計は元旦にあらず »

あなたがわたしにごちそうしてくれたもの

 先日29日は僕の誕生日でした。奥様が梅の花でご馳走【季節の特別懐石「奏」】を供してくれました。贈り物は!?やはり考えあぐねたようでした。よかったぁ、内心、立派なものを贈られたらどうしようと思っていました。付き合いが長くなると相手の好みもわかってきて贈りやすそうに思えるのですが、今年は不思議と思い浮かぶものがありませんでした、お互いに。それに物は世の中にも、我が家にも溢れています。思い出を分かち合ったほうがいいという思いを一層強くしました。さて、ご馳走になったメニューは次のとおりです。僕らの行きつけの店!?って程でもありませんが、【梅の花】いかがですか? おいしい料理でもてなしされますよ。

yururi_n
季節の素材を活かした献立(関東・九州地区) 2月末日まで
←写真は季節の特別懐石「緩(ゆるり)」

季節の特別懐石「奏」~そう~

前菜二種(黒豆豆腐・天草産 小鯛の卯の花和え)・豆腐しゅうまい・鯛蕪・本日のお造り・鹿児島産 赤鶏の豆乳つみれ鍋・海老芋の田楽・三陸産 真鱈の菊菜揚げ・赤出汁・赤米の炊き込み御飯・香の物・デザート(苺豆乳アイス)

 ごちそうさまでした。来年も仲良く過ごしましょう。梅の咲く頃、また梅の花に行きましょう>Dear rudyn

|

« デトックス:ゲルマボール(珍品啓上) | トップページ | 一年の計は元旦にあらず »

『んなか』日々暮らし随書言想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あなたがわたしにごちそうしてくれたもの:

« デトックス:ゲルマボール(珍品啓上) | トップページ | 一年の計は元旦にあらず »