« 猫のアビー、恋は実らず | トップページ | 待合室の必需品は本 »

ふいに目覚める

 やはりあの本屋さんは魔物である。読んでみたくなる本、買ってみたくなる本が僕の目にうまく飛び込んでくるようになっている。最近は図書館通いを覚えたこともあって、本を買うことが少なくなっていたのだが、あの本屋さんは僕の“本を集める症候群”をふいに目覚めさせてしまった。見て回っていると気になる本が次々と現れる。買うかどうか思案して、なんとか思いとどまるものが多かったのだが、(気になるなぁ)という思いを拭い去ることはできず、携帯電話にタイトルを音声メモに残し、“いずれ読むかもしれない本リスト”に登録することにした。衝動に任せていたら10冊前後を買う勢いがついていたものをなんとか2冊にとどめ、本屋をあとにした。
 僕はふいに目覚めた、デトックスなるものに。きっかけは腕の湿疹・かぶれ、それに冷え症。先日、ようやく重い腰をあげ、病院で診ていただいた。先生は「普通に湿疹だね」と言って、原因を探ってみようということで採血され、詳しくはその検査待ちなのだが、「アトピー的かもしれない」と僕がこれまでの暮らしの中で少しも気に留めていなかった言葉を僕に残した。(アトピー、この俺が…)。確かに肌は敏感な性質かもしれないという自覚はあったものの、アトピーの“ア”の字も思い浮かべたことはなかった。今もアトピーがなんたるかさえ分かっていないし、まだそうと決まったわけではないので、どうということはない。ただこの湿疹・かぶれが治ってくれさえすればいいのだ。そして治すにはやはり身体の内側からということになるらしい。発症してから市販の塗り薬や飲み薬で対処していたけれど、一向によくならないので、病院に行く運びとなり、これからは処方された塗りと飲みの薬で様子をみてみることになった。ただそれだけに頼っていいのかと思い立った僕は“デトックス”なる言葉を思い出した。身体の内側から毒を出して、健常を目指すもののようだ。こうなったのも身体の内側に少なからずその要因があるということなのだ。それさえ解消すれば、程なく何らかの進展が見られるものと思い、デトックス入門篇なる本と雑誌を買って帰ってきた。やり通しきれるかどうかはいつものごとく疑わしい…。
 遂に目覚めた僕は久しぶりに雑誌にも好奇心が及んでいった。奥様が「新しいの、出ていたみたいよ」という雑誌『猫びより』を買うだけのはずが、じっくり雑誌コーナーを見て回ると、いつの時代も、そして以前にも増していろんな雑誌が出ていることを改めて思い知らされる。これまで(いつかは一生物を!)と心の隅に置いていた時計の雑誌をペラペラしてみる。(なんでこんなに高いのか!?)と唸ってしまうほど上には上がある時計に、とても手が出ないと諦めていた気持ちが僕の中の、今の流れに押されて、目覚めてしまった。まるで(欲しい!)という思いを胸の内に貯めておくのは毒よとばかりに、デトックスへの関心が早くも違うかたちで効果を表してきた感じだ。(よしっ、買うぞ!)とまで行かなくても研究がてら眺めてみようと雑誌を購入した。あとでゆっくりペラペラして楽しもうと思う。
 次いで“暮らし”系雑誌のコーナーを見ていたら、『Lingkaran(リンカラン)』という雑誌があり、面白そうと思った。No.15のメインテーマは“心とカラダを大掃除”ということだった。今の僕の流れに乗っているテーマだった。買ってみた。
 ここまで来ると勢いは止まらない。もうだいぶ前に出ていて、買うのを控えていた『SWITCH』12も買うことにした。井上陽水×奥田民生『曖昧な二人』という記事が“確固”として気になっていたのだ。また別の特集記事『(括弧) 大切な人に宛てた手紙 』(括弧閉じる)が人のもつ“覗き見”欲をかき立ててくる。買ってみた。
 こうして昨日から今日にかけて僕はいろんなものに目覚めてしまった。この流れはさらに続き、入浴の際にお湯に混ぜる精油への関心、冷え性にも効くというゲルマニウム温浴への関心、毒出しジュースをつくるために必要なミキサーの購入計画とハーブティーを飲む習慣を復活させようかという気持ちなどへと波及している。またいつかこれらを語る機会が迫ってきているのは間違いないようだ。

|

« 猫のアビー、恋は実らず | トップページ | 待合室の必需品は本 »

『んなか』日々暮らし随書言想」カテゴリの記事

コメント

私も周囲の人間も最近デトックスに関心がありますね。実際に試してはいませんが、友人でデトックス効果のあるバスソルトに入ったところ、汗が止まらずに何度も着替えたという話を聞きました。

投稿: MIMI | 2005年12月16日 (金) 20時59分

 コメント、ありがとうございます。
僕は今日、手はじめにデトックスに関連して、家庭でお気軽にできるゲルマニウム温浴ができる『ゲルマボール』なるものを通販しました。昨日は電気屋でミキサーのカタログを取り揃えて、いただいてきました。徐々にデトックスしたいと思います。

投稿: Rhyme(らいむ) | 2005年12月17日 (土) 11時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふいに目覚める:

« 猫のアビー、恋は実らず | トップページ | 待合室の必需品は本 »