« 可愛さ、アビー級!?、タバサ級!? | トップページ | 猫のアビー:垂直飛び記録更新 »

映画『ルパン』賛成

 先日、映画『ルパン』を観た。僕の場合、ルパンというとルパン三世を思い出す。実際、映画の中のルパンも(やっぱりこれはルパン三世だ!)と思いながら観ていました。あの、上体を少し後ろに逸らしながら、肘を90度くらいに曲げて大きく腕を振って走る姿はまさにルパン三世。逃げるため、水に飛び込む、あの空中姿勢など…。でも、あれはルパンであって、ルパン三世ではないのだろう。僕と違って奥さまは、体重が今ほど気にならなかった少女の頃、小説でルパンを読んで、とても面白かったと回想している。僕は少年の頃からルパン三世しか知らず、そのルーツがルパンにあることをあまり深く認識していなかった。当然、原作があることを思い浮かべることもなく、本好きの僕だったけれど、当時読む機会をもつこともなく、今になってようやく原作を読もうとしている。と、その前にルパンの概要を網羅していそうな映画『ルパン』を観ることはちょうどいい入門になると思った。映像は、時代背景を十分に堪能できるもので、また、テンポも小気味よく、とても楽しいものだった。原作の主なものを垣間見ることができる。シリーズ最初のものから、奇岩城、813、カリオストロ伯爵夫人…シリーズ最後までそういう流れなのかとわかった気がした。それにしても伯爵夫人の俳優さんはとても綺麗な方でした。他にどんな映画に出演しているのだろう!? ルパンもやっぱりルパン三世だと思えるほどルパンでした。キャスティングのとき、アニメ『ルパン三世』が参考にされたのではないかと思えるほど、これぞ!ルパンって感じでよかった。小説ではあのような容姿、走り方、水への飛び込み方など詳しく描写されているとは思えないし、挿絵があったとしてもそうこまかくいろんな場面があったとは思えないから、映像化する際にアニメ『ルパン三世』は大いに参考にされたと思っていいような気がする。今、こうして映画『ルパン』を振り返ってみても、どうも実写版『ルパン三世』に思えてしまう。きっとそうに違いない!映画『ルパン』賛成!

|

« 可愛さ、アビー級!?、タバサ級!? | トップページ | 猫のアビー:垂直飛び記録更新 »

『んなか』日々暮らし随書言想」カテゴリの記事

コメント

MIMIです、TBありがとうございます~
「ルパン」を観たのがずいぶん前のような気がしますが、まだまだフレッシュな話題のはず。子供の頃、ルパンのイメージは私もルパン3世でしたね。映画のルパンは、なんとなくルパン3世を意識してるかなって、やっぱり思いますよ。。2枚目の面もコミカルな面も持ち合わせていて、面白い映画でした。

投稿: MIMI | 2005年10月15日 (土) 18時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ルパン』賛成:

« 可愛さ、アビー級!?、タバサ級!? | トップページ | 猫のアビー:垂直飛び記録更新 »