« つまびらかに | トップページ | あなたの会社は何組ですか? »

まだいいほうだったのか!

 今朝の地震では、マンション中層階の私のうちは今まで体験した中でいちばん長く揺れを感じた。妻が出勤のため玄関を出て、1分後に地震は起きた。(ながいなぁ)と思っていると、妻が帰ってきた。エレベーターが途中で止まってしまうかもしれないから心配で乗るのをためらったようだった。後のニュースからすると、実際に止まってしまったエレベーターもあったようなので、もっともなためらいで、冷静に判断した妻は正解だった。
 しばらくすると携帯にメールが着信した。妻からのもので、『電車に遅れあり』といった主旨だった。そうだった!我が家の沿線は悪名高き京葉線だった。強い風が吹けば遅れ、ちょっと雪が降れば止まる、情けない路線だった。それを思い出させてくれたメールはとてもありがたかった。お礼がてら返信しようとしたが、携帯は『しばらくお待ちください』と表示をしたまま、動かなくなった。表示が元に戻ったから、うまく送れたのかなと思ったら、ダメだった。内容も消えた。2度試みたが、ことごとく失敗したので諦めた。(これは早めに家を出たほうがいいな)と思って身支度をして家を出た。
 駅に着くと、ホームに電車が止まっている。ドアから人があふれんばかりの満員状態。乗れそうもないので、次のにしようと思った。いつくるかわからないけど、早めに出たから余裕で会社に着くことができるだろうと高をくくっていた。辺りを見回して待っていると、止まっている電車のすぐ後に次の電車が待機している。ラッキー!やがて止まっている電車は出発し、控えていた電車が進入してきた。しかも空いている。ラッキー!結構楽勝かも、と思って乗って二駅進んだところで、前の電車がつかえているとの放送の後、2~30分立ち往生。それでもまだまだ早めに着けると思っていました。
 ようやく動き出して、順調に進み、一つの選択を迫られる場面になりました。電車を乗り換えていくか、そのまま乗っていくか。その乗換駅で、寿司詰状態の社内があっけないほど空いたので、そのまま行くことにしました。しかしこれが最悪の選択となってしまいました。そこからひとつ先に進んだ駅で、乗っていた電車が車両点検と称して、また立ち往生。事ここに至っては余裕をかましていた私もダメだと判断し、会社に遅れますと連絡を入れるため、ホームに降り、携帯で話している合間にホームがあっという間に人だかり。携帯を当てている逆の耳から入ってくるアナウンスは『この車両は車両不具合のため回送電車となります。次の電車にお乗換ください』とのこと。がっくり!
 その次の電車もさらに10分以上経ってから到着。ようやく着いた会社最寄駅には家を出てから2時間30分後。電車内に2時間近く缶詰状態。車両不具合に陥ったときには車内は停電になるし、ドアは開かなくなって蒸し暑くなり気分が悪くなりかけるし、新しい勤務先への初出勤は最悪のものとなりました。今日の地震に関するニュースを読むと、電車内に3時間缶詰だった方もいらっしゃったようで、私はまだいいほうだったようです。それにしてもこんなに遅れるとは思わなかったし、あんなにもJR職員の対応の悪さにはあきれてしまいました。

|

« つまびらかに | トップページ | あなたの会社は何組ですか? »

『んなか』日々暮らし随書言想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まだいいほうだったのか!:

« つまびらかに | トップページ | あなたの会社は何組ですか? »