« 妻が留守の日に 2 | トップページ | 妻が留守の日に 4 »

妻が留守の日に 3

 妻が留守になって3日目の今日、私は帰宅後、家中の白い壁紙をキャンバスに油絵や水彩画を描いた。リビングには妻が欲しがっていたソファの絵。あまりにうまく描けたので、座ってみようかと腰をおろしていくと案の定座れずにそのまま壁に頭をぶつけた。ものすごく痛かったし、ものすごい音を立てた。1分後、隣人から苦情が入った。さらに衣裳部屋兼物置と化している部屋にはやはり妻が欲しがっているベッドとチェストの絵を描いてみた。うまくは描けたけれど、さすがに奥行き感や立体感を表現し切れず、ベッドにジャンプして寝転ぶことはしなかった。かわりにまだ敷き詰めたままのレッドカーペットに横になった。最後に和室にはヴェトナム風の飾り棚を描いてみた。かなりいけているアジアンテイストの部屋に変身した。あぁ、もうバリ島やヴェトナムには行くことができないのかなぁ、と思いを馳せていると、この今もタイランドに旅行、ではなく出張している妻をうらやましく思う。

|

« 妻が留守の日に 2 | トップページ | 妻が留守の日に 4 »

『んなか』日々暮らし随書言想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妻が留守の日に 3:

« 妻が留守の日に 2 | トップページ | 妻が留守の日に 4 »