« 2004年12月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月

妻が留守の日に

 今朝、妻が仕事でヴェトナムに、いやモンゴル・・・でもなく、タイランドに出かけた。3~4日、留守になる。それをいいことに近くのインテリアショップの開店を待って、真っ赤な絨毯を大量に買ってきた。家に戻り、早速梱包を解き、部屋に敷き詰めた。玄関、それに続く廊下をはじめとして、全10数部屋を真っ赤に染めた。足元を見れば、どこもかしこもレッドカーペット一色になった。そして休む暇なく、ゲストをもてなす準備にとりかかった。
 こうして普段は所々、散らかっている我が家もきらびやかで、豪華な雰囲気をかもし出すまでになった。やがて午後6時。最初のゲストが到着した。正装だが、個性的な装いでジョニー・デップがレッドカーペットを踏みしめた。続いて、ダイアン・レイン、キアヌ・リーヴス、サンドラ・ブロック、アンディ・ガルシア、メグ・ライアン、クリント・イーストウッド、そしてアンジェリーナ・ジョリー・・・。華やかに着飾ったハリウッドのスターたちが我が家に集った。今日はアカデミー賞の授賞式を開くのでだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変えたい訳

 変えたい訳は、母にあるかもしれない。母は健在だが、最近はある意味、終わってしまった、と僕は思っている。

 今の母の様子をみていると無性に腹が立ったり、不安になったり、あせったりする。母親似の僕は母親の今の姿が鏡に映っている僕自身のように思えたのだ。やりたいことをやっていない、やれていない。言いたいことはあっても、言いたい人には言わず、他の人に言ったり、自分の中に抱え込んだりする。やれていないこと、言えないことが溜まっていくと、やがてやろうとも、言おうとも思わなくなっていき、自分で自分を腐らせていくことになるのだという気がした。このままでは僕も腐っていってしまう、そう思えて、あせったり、不安になったり、腹が立ったりした。動かなきゃ、変えなきゃ、と無性に気持ちが湧き上がってきた。やりたいことがあれば、やらなきゃ。思っているだけじゃ、やっていることにはならない。言いたいことがあれば、言わなきゃ、誰にもなんにも伝わらない。これまでは、やらなくてもいいや、言わなくてもいいや、人は人、自分は自分。受け入れにくいことがあっても自分の中に抑えこんでしまえばいいと思っていた。抑えこむことはできたし、それが苦ではなかったし、そうすることを楽しんでいた。でも、こういうことをつづけていくと自分を腐らせてしまうんだなと思った。母がそれを身をもって教えてくれた。僕という人間はひとりしかいないのだな、なんて改めて思った。その僕の人生は僕自身で進んでいくしかないのだな。それならば、腐ってしまわないように、思うがままに、ありのままにいってみようと思った。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

変えたい

 何かを変えたいと思った。何か、って何?っていわれると困るけど、変えたいと思った。実際には変えたい、変えるっていうことではないのかもしれない。なんといったらいいのだろう。やりたいことをやる…やる…行動するってことかなと思う。【考える人】傾向が強い僕はあまり動きがいいとは言えない。傍からすると結構動いていると思ってくれている節もあるけれど、それは僕自身がそのことに興味や気持ちがあるからそうしているだけ。自分自身を鑑みると不満があり、不安がある。やりたいことはいっぱいあるのだけれど、やれていない。時間がないっていう言い訳はしない。やる気がない、やろうとする気が起きない、やろうという気が起きても、その時にそうするにはタイミングが遅かったり、早かったりする。あるいはやりたいことがたくさんありすぎて、それでいて興味の対象や、気持ちがぐるぐるめまぐるしく変わっていき、すべてのことが中途半端になってしまう。でも今はそんなふうなのが嫌になって、変えたい、やろう、っていう気持ちになっている。少しずつでも、うまくできなくても、内側の自分に正直にやりたいこと、やろうと思ったことをやっていこうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年3月 »