« 薬の不思議 | トップページ | ミッション・イン・ポッシブル »

マーキングとテリトリー

 ここのところ、テレビをつけると何かと血液型について取り上げている番組に出くわすことが多かったように思う。血液型がすべてではないにしろおもしろおかしく参考にもなる。ぼくんちにはB型とAB型がいる。以前から伝わっていることだったけれど、B型は変わりものらしい。AB型も変わりものと呼ばれるけれど、謎めいている、得たいがしれないという傾向からしてそう言われるように思う。
 B型は相当に自由奔放らしい。気分転換もうまいらしく、あまり深く気にとめることがないようだ。ぼくんちでは、B型の洗濯物を取り込んで、部屋の片隅に放置しておいてもしばらくの間、片付けられることはない。気にならないようだ。ダイニングのB型が座る席周辺はいろんな物が散乱している。雑誌、届いた通販グッズ、バッグ、ようやくたたんだ洗濯物など様々なものが。でも気にならないらしい。AB型はそんなうちのあちこちを歩いていると、そんなB型のものが気になる。そこで片付けをはじめる。取ってつけたようなマガジンボックスに雑誌類をしまい、リモコンをしまい、たたんである洗濯物をB型の化粧ボックス付近に運ぶ。それだけでも十分片づいたように思えるけれど、そうするとそうでもないところでも目立ちはじめ、気になりだす。白木のフローリングに落ちた髪の毛はよく目立つ。ダスキンしても次から次へと髪の毛は落ち、目立つ。B型はおそらくそう気にならないのだろう。AB型はうちで過ごしていたり、帰宅したりするとなにかその辺が気になりだす。するとすぐにダスキンしだす。だからB型はだいたい部屋の中がきれいな状態とみていることが多い。でもB型はそのことに気づいているのかどうか。そして気づいていないこともひとつ。AB型は自分のテリトリーを守ることには長けているらしい。AB型は自分がよく使う、よく通るスペースのところだけダスキンしているということ。まずはダイニング兼居間、廊下、廊下の続きとしての洗面所とキッチン、そしてパソコン部屋。和室はAB型にとってもあまりゴミは見えていないのか掃除が行き届かない。残る一部屋、主にB型の服が置かれている部屋はまったくと言っていいほど、AB型は手をつけない。ここしばらく掃除をしていないが、どうなっていることだろう。このことにB型は気づいているだろうか。すごいことになっていなければいいが…。思うに、部屋のあちこちにB型のものが点在しているのはB型としては一種のマーキングをしているのではないかとさえ思うに至った。そのマーキングが気になるAB型は自分のテリトリーと考えるスペースだけB型のマーキングをはずしていっている。それぞれの特徴が出ている光景にひとつだと思う。マーキングするB型とテリトリーを守るAB型。こうしてこの繰り返しが僕んちでは繰り広げられている。

|

« 薬の不思議 | トップページ | ミッション・イン・ポッシブル »

『んなか』日々暮らし随書言想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マーキングとテリトリー:

« 薬の不思議 | トップページ | ミッション・イン・ポッシブル »